<< 「家事の基本」一覧へ戻る
和食の基本 出汁のとり方 昆布

出汁のとり方 昆布

上品で優しい味の昆布出汁。
昆布には様々な産地のものがありますが、出汁をとるのに適しているのは
真昆布・羅臼昆布・利尻昆布・日高昆布の4種類です(※)
素材の味や香りを活かした料理におすすめです。

※参考文献:こんぶネット(日本昆布協会)

昆布出汁のとり方

材料


水:1L
昆布:15g
※今回は利尻昆布を使用。

  1. 1

    昆布の表面を乾いた布巾やキッチンペーパーで軽く拭きます。

  2. 2

    昆布を分量の水に30分間浸します。

  3. 3

    中火にかけます。

    point

    ゆっくり熱することで、昆布の旨味が引き出されます。強火にしないよう気をつけましょう。

  4. 4

    小さな泡がフツフツと浮いてきたら、沸騰する前に昆布を取り出します。

  5. 5

    沸騰させたら完成です。

保存について


冷蔵庫なら3日、冷凍庫で1〜2週間程度。
製氷機で氷のように凍らせておいても便利です。

出汁をとった後の昆布の活用法

昆布煮、大豆と昆布の煮物、甘辛煮など。細切りにして味噌汁の具にしても。

適した主な料理

あっさりした、シンプルな料理に合います。
また、かつお出汁やいりこ出汁と違って植物性の出汁なので、
魚介の料理には昆布出汁がおすすめです。

  • おでん

  • 湯豆腐

  • 白身魚の煮物

  • 寄せ鍋

  • 魚のアラなど魚介の入った味噌汁

豆知識

水出しで出汁をとることもできますが、一番旨味が出るのはやはり火を通すこと。なるべく火にかけて、美味しい出汁を楽しみましょう。
面倒な場合は、「そうめん昆布」や「刻み昆布」がおすすめ。
鍋料理などの際に入れれば、美味しい出汁がでる上に、そのまま具として食べられます。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド