<< 「お弁当おかずリメイクレシピ」一覧へ戻る

1品で3度美味しい!お弁当おかずリメイクレシピ

かつおの梅煮

むしむしと暑い季節こそ、しっかりお肉でエネルギー補給を。
ニンニクを利かせた甘辛い味付けの「スタミナ焼肉」なら、
もりもりと食が進んで、夏を元気に乗り切ることができるはず。
「スタミナ焼肉」にひと工夫加えて、
夏野菜と一緒にエスニックに仕立てたカレー炒めと、
マッシュポテトと和えたボリュームのあるポテトサラダにリメイクします。

  • 基本のおかず

    1

    こっくりと濃い目の味が食欲増進

    スタミナ焼肉

    スタミナ焼肉

    材料(1人分)

    牛こま肉…100g
    タマネギ…1/4個(50g)
    ニンニクすりおろし…小さじ1/4
    ショウガすりおろし…小さじ1/4

    (A)
    酒…大さじ1
    みりん…大さじ1
    しょうゆ…大さじ3/4
    砂糖…小さじ1
    酢…小さじ1

    ごま油…小さじ1
    白すりごま…大さじ1/2

    つくり方

    1.タマネギは薄切りにし、牛肉はニンニク、ショウガと(A)をもみ込み、5分ほど置きます。
    2.フライパンにごま油を中火で熱し、タマネギを炒めます。
    3.2がしんなりしたら、牛肉を加えてほぐしながら炒め、汁気がなくなるまで煮詰めます。ごまを加えて火を止めます。
     
    煮詰めるポイント

    ポイント!
    夏場のお弁当は、いつも以上に傷みにくくする工夫が必要です。味付けに酢を加えたり、汁気をしっかり煮詰めるのもそのひとつ。煮詰める目安は、肉を掻き分けたときに汁気がほとんど見えなくなるまで。さらに、火を止めたらバットなどにあけ瞬時に冷ますことも大切です。フライパンのままだと余熱で水分が出てきてしまいます。

  • リメイクおかず

    1

    スパイス香るエスニックな炒め物

    夏野菜と牛肉のカレー炒め

    夏野菜と牛肉のカレー炒め

    材料(1人分)

    「スタミナ焼肉」…1人分
    コーン缶…大さじ3(30g)
    アボカド…1/4個(50g)
    カレー粉…小さじ1/2

    つくり方

    1.フライパンに「スタミナ焼肉」、コーンを入れて中火で熱し、温まってきたらカレー粉を振ります。生のとうもろこしを削いで使用する場合は、先にコーンを1分ほど炒めてから「スタミナ焼肉」を加えます。
    2.アボカドを加えてさっと炒め、火を止めます。アボカドは、加熱することで酵素の働きが止まり変色を抑えることができるため、お弁当に入れても、色はきれいな緑色のままです。
     
  • リメイクおかず

    1

    ごはんが進むおかずサラダ

    焼肉ポテトサラダ

    焼肉ポテトサラダ

    材料(1人分)

    「スタミナ焼肉」…1/2人分
    ジャガイモ…小1個(80g)
    マヨネーズ…大さじ1

    つくり方

    1.ジャガイモは洗ってラップに軽く包み、電子レンジ(600w)で2分加熱します。
    2.粗熱が取れたら皮をむき、マッシュしてマヨネーズを混ぜます。「スタミナ焼肉」を加えてさっと混ぜます。  
美味しい食べ合わせ

プラスすると栄養面や味、食感、彩りなど、
ぐんとお弁当のバランスがよくなる副菜をご紹介。

にらと炒り卵の辛子和え


にらと炒り卵の辛子和え

「スタミナ焼肉」のニンニクやタマネギのように、にらもまたビタミンB群が豊富で、疲労回復やエネルギー代謝を促進。夏バテ予防にぴったりな食材です。しゃきしゃき感を残してさっと茹で、炒り卵と合せれば、彩りも鮮やか。にらの独特な香りに、爽やかな辛子がよく合います。

材料(1人分)

にら…1/2束(50g)
卵…1個
サラダ油…小さじ1

(A)
しょうゆ…小さじ1/2
からし…小さじ1/3

つくり方

1.にらはさっと茹でて水に取り、水気を絞って4cmの長さに切ります。卵は割りほぐし、焼いたときにぱさつかないよう、水大さじ1を加えます。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵を流し入れ、菜箸でかき混ぜながら炒り卵をつくります。
3.ボールに(A)を合わせ、1と粗熱をとった2を加えて和えます。


トマトときゅうりのダイスサラダ


トマトときゅうりのダイスサラダ

こってりとした「スタミナ焼肉」の箸休めになる、さっぱり瑞々しいサラダです。トマトに含まれるクエン酸には疲れを取る作用があるので、「スタミナ焼肉」と一緒にいただくと相乗効果があります。タマネギは、辛味がマイルドな紫タマネギがおすすめ。汁漏れを防ぐためには、お弁当用カップに入れたり、ドレッシングを小分け容器で別添えにして食べる直前にかけると安心です。

材料(つくりやすい分量)

トマト…1/8個(30g)
きゅうり…1/4本(20g)
紫タマネギ…1/8個(10g)

(A)
オリーブオイル…小さじ1/2
酢…小さじ1/2
はちみつ…小さじ1/4
塩…少々

つくり方

1.トマトときゅうりは、汁気が出ないよう種の部分を取り、1cm角に切ります。紫タマネギは1cm角に切って、辛味を抑えるため水でもみ洗いし、キッチンペーパーで水気を取ります。
2.ボールに(A)を合わせ。1を加えて和えます。
※ドレッシングを別添えにする場合は、和えない状態でお弁当に詰めます。

使ったお弁当箱

アルミ弁当箱 深型S
(大一アルミニウム製作所)

昔ながらのシンプルなかたちのアルミ製弁当箱。アルミの特徴は、軽いこと。お弁当箱自体の重さを気にせず、ごはんをぎっしり詰め込めます。もりもりいただきたいスタミナ焼肉弁当にぴったりです。

みないきぬこさん

料理家

女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て、2007年に独立。雑誌やテレビ、広告などで料理家・フードコーディネーターとして活躍する傍ら、ケータリングなどの活動や女子栄養大学で非常勤講師も務める。スパイスやハーブを上手に取り入れた家庭料理やおもてなし料理が人気。素材と素材の美味しい組み合わせを見つけるのが得意で、自由な発想による料理の幅の広さに定評がある。「はじめてのストウブ」(池田書店)や、栄養の知識を活かした「大豆で美味しい毎日レシピ」(判佝納辧砲覆秒書多数。

みないきぬこさん

>> 特集一覧へ

ご利用ガイド