<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 細切り

野菜の切り方 細切り

2〜3mm程度(マッチ棒くらい)に、細長く切ったもの。
せん切りより太く、拍子木切りより細く切ります。
きんぴらなどの炒め物や、サラダ、冷やし中華の具など、
軽く炒めたり、生で食べる料理で、適度に歯ごたえを残したいときに使われます。

野菜を切るときは、繊維の方向によって食感が変わります。
繊維に沿って切ると、シャキシャキとしっかりした歯ごたえに、
繊維を断ち切って切ると、柔らかな食感に。
今回は基本の繊維に沿った切り方を「にんじん」でご紹介します。
「きゅうり」の場合は、皮を残し、斜め薄切りにした後に細く切ると、
一本一本に濃い緑色が残り、彩りよく仕上がります。

にんじんでやってみました

  1. 1

    ヘタを取り、4〜5cm程度の長さに切ります。皮は剥いておきます。

  2. 2

    2〜3mmの薄さになるよう、縦に薄切りにします。

  3. 3

    薄切りにしたにんじんを、少しずつずらしながら重ねて並べます。

  4. 4

    端から繊維に沿って、2〜3mm程度の細さに切ります。

  5. 5

    完成です。

きゅうりでやってみました

  1. 1

    ヘタをとり、皮はそのまま2〜3mmの薄さになるよう、斜めに薄切りにします。長さは4〜5cm程度が目安です。

    point

    皮を残しておいた方が、彩りよく仕上がります。

  2. 2

    薄切りにしたきゅうりを、少しずつずらしながら重ねて並べます。

  3. 3

    端から2〜3mm程度の細さに切ります。

  4. 4

    完成です。

適した主な野菜

  • 大根

  • にんじん

  • きゅうり

  • ごぼう

  • ピーマン

  • じゃがいも

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド