<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 乱切り

野菜の切り方 乱切り

大体の大きさを揃えながら、不規則なかたちに切ること。
表面積が広くなることで、食べごたえのある大きさでも火が早く通りやすいので、煮物などに使われます。

にんじんでやってみました

  1. 1

    ヘタを取り、皮を剥いた状態で、にんじんの細い方の端から斜めに包丁を入れます。一口大程度の大きさ(約3cm)を目安に切ります。

    point

    にんじんが太い場合は、予め縦半分に切っておいたものを乱切りすると、大きさが揃いやすくなります。

  2. 2

    包丁は動かさず、1の切り口が上を向くようににんじんを回し、1と同じように切ります。これを繰り返します。

  3. 3

    完成です。

適した主な野菜

  • にんじん

  • きゅうり

  • 大根

  • ごぼう

  • さつまいも

  • なす

  • れんこん

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド