<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 面取り

野菜の切り方 面取り

切り口のとがった部分を切り落として、かたちを整えること。
主に煮物などに使う根菜の下ごしらえとして行います。
角を落とすことで煮崩れを防ぐとともに、
表面積が広がるため、味の染み込みがはやくなります。

かぼちゃでやってみました

  1. 1

    かぼちゃは必要な大きさに切り分けておきます。皮をむく要領で手に持ち、切り口の角を1〜2mmほど薄く削ぎ取ります。

  2. 2

    一面の角を落としました。

  3. 3

    同様にすべての面の角を落としていきます。

  4. 4

    とがった部分がなくなったら完成です。

適した主な野菜

煮ると身が崩れやすい根菜類

  • かぼちゃ

  • 大根

  • にんじん

  • じゃがいも

  • 里芋

  • かぶ

豆知識

里芋やかぶの場合は、
皮むきと面取りを兼ねた切り方「六方むき」もおすすめです。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド