<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 薄切り

野菜の切り方 薄切り

丸のまま、もしくは半分にしてから、薄く切ったもの。
生で食べるときや、火が通りやすいので炒め物などに。

野菜を切るときは、繊維の方向によって食感が変わります。
繊維に沿って切ると、シャキシャキとしっかりした歯ごたえに、
繊維を断ち切って切ると、柔らかな食感に。
例えば炒め物にする場合は、繊維に沿って切ると
炒めても食感が残り美味しくいただけます。
また辛みのあるたまねぎの場合、繊維を断ち切って水にさらすと、
辛みが抜けやすくなります。
今回は基本の繊維に沿った切り方をご紹介します。

たまねぎでやってみました

  1. 1

    皮を剥いて芯を取り除き、縦半分に切ります。

  2. 2

    切り口を下にして置き、繊維に沿って縦になるべく薄く(2mm程度)切ります。

  3. 3

    完成です。

適した主な野菜

  • たまねぎ

  • きゅうり

  • 大根

  • にんじん

  • なす

  • ネギ

  • じゃがいも

豆知識

薄切りは、かたちだけ見ると輪切りや半月切りと同じですが、
薄さを重視するときには薄切りと呼ばれることが多いようです。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド