<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 くし形切り

野菜の切り方 くし形切り

球状の野菜を、中心に向かって放射状に切ること。
くし(櫛)のかたちに似ていることが名前の由来です。
ポトフのキャベツや、カレー、シチューのたまねぎなど、
煮物や炒め物を中心に使われます。
球状の野菜を効率よく均等な大きさに切りたいときにおすすめです。

たまねぎでやってみました

  1. 1

    皮をむいた後、縦半分に切ります。

    point

    ヘタを取る場合には、縦半分に切ってから包丁の先を入れてVの字にヘタを切り落とします。くし形のかたちを残して調理したいときには、ヘタは取らない方がいいでしょう。

  2. 2

    中心に向かって放射状に切ります。まず、2等分にします。

  3. 3

    さらに3等分にします。

    point

    料理によって何等分に切り分けるかは調整してください。

  4. 4

    完成です。

キャベツでやってみました

  1. 1

    縦半分に切ったキャベツを、さらに縦半分に切ります。

    point

    芯を取る場合には、縦半分に切ってから包丁の先を入れてVの字に芯を切り落とします。くし形のかたちを残して調理したいときには、芯は取らない方がいいでしょう。芯を取らない場合は、切り口の黒い部分だけを切り落とします。

  2. 2

    中心に向かって放射状に切ります。今回は3等分に切ります。まず1/3のところで切ります。

  3. 3

    さらに半分にします。

    point

    料理によって何等分に切り分けるかは調整してください。

  4. 4

    完成です。

適した主な野菜

球状の野菜。

  • たまねぎ

  • キャベツ

  • じゃがいも

  • トマト

  • かぼちゃ

  • かぶ

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド