石州嶋田窯

島根県江津市で昭和10年(1935年)に開窯された石州嶋田窯は、現在でも登り窯を使用している唯一の石見焼の窯元です。
伝統的工芸品にも指定されている石見焼。 もともと焼き物の盛んだった同地域では、
丈夫な陶土を生かして水がめなど保存用の道具も盛んにつくられていたそう。
初代嶋田寛一さんも、水がめづくりが得意だったとか。
2011年、地域から登り窯の火を絶やさないために一念発起してつくったのが、現在の登り窯。
薪を燃やし炎を起こす「火袋」が13もあった登り窯を壊し、使える材料を再利用し、火袋は4つに減らしたそう。
今も年に5回は火を入れ、精力的に器をつくり続けています。
3代目である現在の窯主・嶋田孝之さんが「毎日の暮らしに使える雑器をつくっている」と語る通り、
気兼ねなく使える値段も、日々の道具として魅力のひとつです。

ご利用ガイド