鍋・フライパン > ホットパン (家事問屋)
キッチンツール > ホットパン (家事問屋)
家事問屋 > ホットパン (家事問屋)

ホットパン (家事問屋)

12,000円(税抜)


 

キツネ色に焼けたカリッカリの表面、
中はチーズにトマトに目玉焼き、キャベツの千切りもぎゅっと詰まって……。
食欲をそそる見た目と、
具を工夫すれば栄養もたっぷり補給できるところに、
秘かなファンが増え続けているホットサンド。
かゆいところに手が届く道具に定評がある「家事問屋」が、
使い勝手と美味しさを追求して生まれたのが「ホットパン」です。
ガスもIHも、オール熱源対応の、期待のホットサンドメーカーです。

その見た目は、今まで見たどのホットサンドメーカーとも一線を画しています。
ザラザラとした真っ黒な本体に、
18-8ステンレス製の持ち手の上質な輝き。

中を開けると、さらに仕切りがあり、二重構造になっていることがわかります。
仕切りが食パンの耳の内側をぐるりとプレスするので、
中身を具だくさんにしても、食べる時にこぼれ落ちにくいのです。
パンの耳部分は「ホットパン」の外にはみ出さないので、
焦げずにふっくら仕上がるのです。

たっぷりはさめるから、食パンは6枚切りでも8枚切りでも。
具材の量によって調節できます。
厚切りのフレンチトーストを一枚でつくるときには、4枚切りがおすすめ。
香ばしい香りがしてきたら、出来上がりの合図です。
本体は、短時間でしっかり均等に熱を伝えるアルミ製なので、
外側はカリっと、中はジューシーに仕上がります。
耳のまわり以外には余分な力が加わらないので、
具がつぶれず、ふんわり美味しいのがポイント。
中央部分にはギザギザの凹凸がついているので、
パニーニのようなシマシマの焼き目が付き、食欲をそそります。

トースターとして、食パンを一枚焼くだけでも美味しいですし、
焼きおにぎりも絶妙なパリッと食感に仕上がります。
周りの溝に水を入れれば、蒸し焼きも可能です。
水蒸気の効果で、さらにふっくら焼きあがります。

上皿と下皿をつなぐ蝶番(ちょうつがい)は、
知恵の輪のような特殊な構造になっているので、
角度を合わせるだけで簡単に上下を分解できます。
2つの小さなグリルパンとして、ソーセージを焼いたり、野菜を炒めたり。
荷物を増やしたくないアウトドアで活躍しそう。
なにより、上下が分かれることで洗いやすさは格別です。
フッ素樹脂加工なので、汚れが落ちやすいのも、
つい使いたくなる理由のひとつでしょう。

そうは言っても、焼きたての美味しさに勝るものはありません。
さぁ、熱いうちにいただきましょう。

 

暮らしの道具、徹底比較ホットサンドメーカー編
バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ホットパン (家事問屋)

    上皿と下皿をつなぐ蝶番(ちょうつがい)は、約60度開いた位置で先端の小さな球体を外すように動かすと、簡単に上下に分解することができます。

  • ホットパン (家事問屋)

    左が上皿。右が下皿。上下を分解すれば、洗いやすくお手入れも楽々です。2つの小さなグリルパンとしても活躍します。

  • ホットパン (家事問屋)

    本体の内側。二重構造になっており、内側の仕切りで耳のまわりをプレスします。外側の溝に水を入れれば、蒸し焼きも可能です。

  • ホットパン (家事問屋)

    横からみたところ。IHに対応し、また五徳の上で安定しやすいよう、本体の設置面は平らになっています。

  • ホットパン (家事問屋)

    本体はアルミにフッ素樹脂加工を施しています。光の加減で静かに輝き、高級感があります。

  • ホットパン (家事問屋)

    持ち手のワイヤー部分はステンレス製。傷や汚れが目立ちにくいよう、マットに仕上げています。

  • ホットパン (家事問屋)

    持ち手の先端には、ストッパーが付属。調理中、焼き具合を見るとき以外は、ストッパーをしっかりはめてください。

  • ホットパン (家事問屋)

    持ち手はワイヤー状になっているので、S字フックなどで吊り下げることが可能です。吊り下げる場所の耐荷重にはお気をつけください。

  • 材質
  • 本体:アルミダイキャスト(フッ素樹脂加工)
    持ち手:18-8ステンレス
  • サイズ
  • W160×D350×H45mm
  • 重量
  • 約1,130g
  • 備考
  • 直火:〇 IH:〇 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
家事問屋について
 

家事問屋ロゴ

日本の台所を支える道具の多くが、
新潟県燕・三条地域で生産されていることは広く知られています。
大きな産地になればなるほど、生産過程は分業化され、
その細分化された専門過程の職人やメーカーが誕生。
昭和32年に包丁やピーラーといった台所道具の生産を始めた「下村工業」が、
そんな産地のメーカーを束ねる「産地問屋」となったのは40年前のこと。
鉄・アルミ・ステンレスといった素材を使いこなし、台所周りに限らず、幅広い商品を
様々な企業やブランドとのコラボレーションを通して生み出してきました。
そんな中で聞こえてくるお客様の声に応えて試行錯誤し、改良を加えることもしばしば。
その蓄積されたノウハウを生かし、2015年に満を持して誕生したのが自社ブランド「家事問屋」です。
生まれたばかりのブランドとはいえ、積み重ねた経験は老舗ブランドに引けを取りません。
良質な道具があるだけで、日々の生活はこんなにも心地よくなるのだということ。
ぜひ、実感してください。
 

家事問屋の工場(こうば)を訪ねて
  • 販売価格: 12,000 円(税抜)
    (税込12,960 円)
  • ポイント: 259ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    ※「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 製造時に付いた凹凸や傷のようなものが見られます。不良品ではございませんので、ご了承ください。
    >> 本体に若干色が変わっている部分が見られることがありますが、製品仕様です。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱い説明書をよく読んでからご使用ください。
    >> ハンドル部分は熱くなることがあります。素手でつかみますとやけどをすることがありますので、必ずミトンなどでつかんでください。
    >> アルミダイキャストは、熱伝導性に優れていますので、使用火力は中火〜弱火で十分です。必要以上の火力は、本体やハンドルの変形破損の原因になりますのでご注意ください。
    >> 空焚きは絶対に避けてください。
    >> フッ素樹脂加工を長持ちさせるために、なるべくバターやサラダ油を引いてご使用ください。
     
ご利用ガイド