その他の暮らしの道具 > みつろうクリーム (尾山製材)
尾山製材 > みつろうクリーム (尾山製材)

みつろうクリーム (尾山製材)

40g:1,100円(税抜)
200g:2,000円(税抜)


 

木・革・竹のお手入れに使えるみつろうクリーム。
富山県で製材業を営む尾山製材の代表・尾山嘉彦さんが、
自作の木製棚の手入れをする塗料として自然素材のものを探した結果、
たどり着いたのがみつろうという素材。
みつろうのよさを引き出し、足りないものを補うため、
さらに研究に研究を重ね、「木工用みつろうクリーム」が生まれました。

材料はみつろう、菜種油、椿油、亜麻仁油、ヒバ油と、どれも自然からの贈りもの。
それぞれの素材が持つ保湿性、防腐・防虫・防カビの効能、そして保護機能などを
絶妙なバランスでブレンドしています。

フタをあけると、材料に含まれるヒバ油がほんのり香り、爽やか。
汚れを落とした木の表面に、乾いた布や硬めのスポンジなどを使って
薄くクリームを伸ばしていきます。
しっとり伸びがよく、一塗りで明らかに艶が増しますが、重ね塗りも可能。
油っぽくなりすぎず、適度な油分で表面を覆ってくれます。
仕上げは乾いた布で拭きあげます。

自然素材100%だから、
木や竹製の器のお手入れにぴったり。
家具やフローリングにも使っても、子どもやペットのいる家でも安心です。
また、靴やカバンなど革製品にも使えるので、
まさにこれ一つあれば、家中の長く使いたいもののほとんどは
メンテナンスできてしまうのです。
まずは試してみたいという方には、少量の「40g」を。
家中磨き上げたい方には、たっぷり入ってお得な「200g」がおすすめです。

大切な道具は永く使いたいからこそ、きちんと手入れして、
劣化ではなく経年変化を楽しみたいですね。
まるで森の中を散歩しているような香りに包まれて、
お手入れも楽しみな習慣になりそうです。

 

  • 材質
  • みつろう、菜種油、亜麻仁油、椿油、ヒバ油
  • 内容量
  • 40g/200g
  • サイズ
  • 40g:約φ70×H15mm
    200g:約φ100×H35mm
    ※パッケージを除いた缶のサイズです。
尾山製材について
 

尾山製材ロゴ

富山県で1946年より三代に渡り国産の木材の製造販売に携わる尾山製材。
富山県の森林のうち6割以上は天然林で、そのほとんどが楢や橅、栗の広葉樹ですが、
大半がチップとなったり、山に放置されたりとあまり活用されてこなかったのだそう。
これらの地元の天然広葉樹を用いて、カウンター材やフローリング、木製品等を製造しています。

現代表である尾山嘉彦さんが家業を継いだのは2002年。
小さな材木屋だからこそできることを見つめ直し、
地元の里山再生を目指す製品や、人と自然にやさしいみつろうクリームの開発に取り組んできました。
また、製材業をメインで行う一方、木を中心とした社会を循環させる仕組みづくりにも力を注いでいます。
 

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    内容量

    選択
    40g/1,100円
    200g/2,000円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 23ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    ※「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと
  • >> 効果は、材質、季節(気温・湿度)により異なります。
    >> スキンケア用ではありません。
    >> 使用している素材にアレルギーのある方は、食器やカトラリーへの使用はお控えください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱説明書をよく読んでからご使用ください。
    >> 付着すると困る場所は、あらかじめ新聞紙をテープで止めるなどして養生して保護してください。
    >> 無塗装の木材に使用する場合は、浸透性が高いので、目立たないところで試し塗りしてください。
    >> 重ね塗りをするとより艶が出ます。
    >> 食器に塗布後、汁物やあたたかいものに使用する場合は、油が浮いてくる場合があります。気になる場合は、使用の前にぬるま湯などで表面の油分を少し落としてからお使いください。
    >> アルコール、薬品、洗剤などが付着すると効果が落ちる場合があります。
    >> お手元に届いてから、2年以内を目安にご使用ください。
    >> 火気の近く及び直射日光の当たる場所を避け、冷暗所(湿気の少ない室内)にて保管してください。
    >> 塗装後、ふきとった布(ウエス)やスポンジは、自然発火の恐れがありますので、すぐに水に浸して処分してください。
     
ご利用ガイド