コーヒー > 名門フィルター/ドリッパー (KONO)
コーノ/KONO > 名門フィルター/ドリッパー (KONO)
プラスチック・樹脂 > 名門フィルター/ドリッパー (KONO)

名門フィルター/ドリッパー
(コーノ/KONO)

2人用:850円(税抜)
4人用:1,100円(税抜)


  • 「名門フィルター」は、マグカップに直接のせてドリップすることも可能です。左から「4人用」、「2人用」

  • フィルター内側の溝に、コーヒーを美味しくする秘密があります

  • 正面には金色ではっきりと「KONO」の文字が

  • 土台には、堂々たる「名門」の文字が

  • 専用の「円錐ペーパー」は、圧着部分のみを折り返してお使いください

  • KONO式のドリップのコツは、お湯をペーパーに直接当てず、
    粉の中央に向けて静かに細く回しかけるようにします

  • 左が「4人用」、右が「2人用」。淹れたいコーヒーの量に合わせてお選びください

 

コーヒー愛飲家はもちろん、コーヒー専門店からプロの焙煎家まで、
いわゆる「コーヒーの味にはちょっとうるさい」人をも納得させる
「KONO(コーノ)式」のドリッパー。
その秘密は円錐型のドリッパー「名門フィルター」にあります。
底の部分に指の先が入る程度の穴があいていて、
そこに専用の「円錐ペーパー」を差し入れるのですが、
これがコーヒーを最も美味しく淹れることができるといわれている、
布製のフィルターで抽出する「ネルドリップ」に匹敵する味わいを実現させてくれるのです。

それは、膨大なデータをもとに長い年月をかけて研究を重ね、1973年に生まれました。
フィルターにペーパーとコーヒーの粉をセットし、
そこに注いだお湯は、横もれすることなく中心から周囲へと浸透します。
そしてフィルター上部にペーパーが貼りついて、コーヒー液が底に集中して落ちていきます。
さらにフィルターの内側にある何本かの溝が、コーヒー液の落ちる速度を調節し、
コーヒーの味・風味すべてを逃さず抽出するのです。

また、ネルドリップ同様に、
お湯の注ぎかた(スピード)によって味に変化をつけることができます。
例えば「少し苦いコーヒーが飲みたい」場合はゆっくりお湯を注ぎ、
「酸味を強く出したい」なら、少し早めにお湯を注ぐ。
コーヒーの美味しさの4要素「酸味・甘味・コク・苦味」のバランスを
“自由に”変えられるのがKONO式ドリッパーのすごいところなのです。

ちなみに、「ネルドリップ」は手入れも保管もなにかと手間がかかり、
毎日のコーヒーにはちょっと不向き。
その点もKONO式なら、抽出が終われば、
粉とペーパーをぽいっと捨て、水洗いするだけ。簡単です。
しかも「名門フィルター」をそのままマグカップの上に乗せて、
1杯分のコーヒーを淹れることもできるので、洗い物も最小限で済みます。

インスタントコーヒーほどの手軽さはありませんが、
じっくりとコーヒーが抽出されるのを待つあいだ、香りとともに訪れる穏やかな時間。
コーヒーの魅力は、そんな過程にもあるのではないかと思います。
味だけではなく、コーヒーの時間ごとお楽しみください。


  • 材質
  • アクリル樹脂
  • サイズ
  • 2人用:W115×H80mm(ハンドル含む)
    4人用:W140×H95mm(ハンドル含む)
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
コーノ/KONOについて
 

KONOロゴ

1925年創業の「珈琲サイフォン株式会社」によるコーヒー器具ブランド。
もともとはプロ用に作られていたフィルターが、コーヒー愛好家の間で評判となり、1973年に一般向けに販売が開始され、その名を一躍知らしめることとなりました。おいしいコーヒーを淹れるために、長い年月をかけて生み出されたフィルター。けれど今なお、より味わい深いコーヒーのため、常に改良を重ね、新たな商品の開発にも取り組んでいます。

 
  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    サイズ

    選択
    2人用/850円
    4人用/1,000円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 18ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと
  • >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱説明書をよく読んでからお使いください。
    >> 「名門フィルター」の耐熱温度は90度です。直接熱湯をかけたり、自動食器洗浄機を使用するとひび割れが入る恐れがありますのでご注意ください。
    >> ペーパーが直接フィルターに接しているため、コーヒーから発生する二酸化炭素の影響により、ひび割れが入る場合があります。食品衛生法上使用可能なプラスチック原料はすべて同様のひび割れが入る場合があります。
ご利用ガイド