キッチンツール > ジャムバターヘラ (家事問屋)
家事問屋 > ジャムバターヘラ (家事問屋)
ステンレス > ジャムバターヘラ (家事問屋)

ジャムバターヘラ (家事問屋)

500円(税抜)


  • 面が広いので、一度に広範囲にジャムやバターを塗ることができます

  • 厚いステンレスでつくられていて、丈夫なのも魅力。
    柄も長いので、固いバターでもしっかり力を込めて切り分けられます

  • 厚みがあるから、力を込めると曲がってしまう、といった心配もありません。
    面が広いのでジャムやバターを塗るだけではなく、たっぷり具材をのせるサンドウィッチづくりにも重宝します

  • ステンレス一体型なので、繋ぎ目などがなく清潔に保てます。
    持ち手が長く取られているので、高さのある瓶でも手を汚すことなくジャムをすくえます

 

こんがり焼きあがったトーストを思い浮かべてください。
たっぷりのバターをこそげ取り、
キツネ色の表面にさっとのせて広げます。
じゅわじゅわとゆっくりやわらかくなるバターが
完全に溶けきるのを待たずに、お気に入りのジャムをひと匙、
黄金色の上に落として軽く広げます。

ここまでの一連の流れを一つの道具でできるようにしたのが、
「家事問屋」の、その名も「ジャムバターヘラ」。

しっかりした厚みのある18-8ステンレスだから、かたいバターも難なくカット。
長めの柄が手伝って、深い瓶の底のジャムもしっかりキャッチします。
そして幅広の先端は、バターやジャムを素早く、そしてやさしく広げるときにとっても便利。
トーストしていないサンドイッチの表面にも、使えます。

パン好きな人ならきっと使い分けたり、
何種類も持っているであろうバターナイフやジャムヘラ。
そうは言っても一つで何役もこなせる優れものは、持っていて損はありません。
何よりお手頃で丈夫。
毎日、たくさん使ってあげてください。
 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 裏側を見たところ。繋ぎ目などが一切ないことがわかります

  • 横から見たところ。比較的直線的なかたちをしています

  • 持ち手の裏側には、「18-8ステンレス」と使用された材料が刻まれています

  • 材質
  • 18-8ステンレス
  • サイズ
  • 約W180×D30×H3mm
  • 重量
  • 約45
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:〇
家事問屋について
 

家事問屋ロゴ

日本の台所を支える道具の多くが、
新潟県燕・三条地域で生産されていることは広く知られています。
大きな産地になればなるほど、生産過程は分業化され、
その細分化された専門過程の職人やメーカーが誕生。
昭和32年に包丁やピーラーといった台所道具の生産を始めた「下村工業」が、
そんな産地のメーカーを束ねる「産地問屋」となったのは40年前のこと。
鉄・アルミ・ステンレスといった素材を使いこなし、台所周りに限らず、
幅広い商品をさまざまな企業やブランドとのコラボレーションを通して生み出してきました。
そんな中で聞こえてくるお客様の声に応えて試行錯誤し、改良を加えることもしばしば。
その蓄積されたノウハウを生かし、2015年に満を持して誕生したのが自社ブランド「家事問屋」です。
生まれたばかりのブランドとはいえ、積み重ねた経験は老舗ブランドに引けを取りません。
良質な道具があるだけで、日々の生活はこんなにも心地よくなるのだということ。
ぜひ、実感してください。

家事問屋の工場(こうば)を訪ねて
  • 販売価格: 500 円(税抜)
    (税込550 円)
  • ポイント: 11ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 製造時についた小さな傷や、凹凸、染みのようなものが見られることがあります。不良品ではございませんので、ご了承ください

  • その他のご注意
    >> 「ヘアライン」と呼ばれるステンレスならではの筋が傷のように見える場合がありますが、傷ではなく製品仕様です。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 火気のそばで使用しないようご注意ください。本体が熱くなったり、変形・変色することがあります。
    >> 塩分や酸等を含んだ汚れを付着したまま放置したり、鉄・アルミ等、異種金属と接触したまま放置するとサビ発生の原因となります。
ご利用ガイド