お茶ミル(ポーレックス)

  • 「お茶ミル」よりもさらに3倍細かく挽くことができる「お茶ミルⅡ」。
    水やお湯に混ぜてもざらつかず、喉越しよくいただけます

  • 緑茶に限らず、乾燥茶葉全般にお使いいただけます。
    製菓用の茶葉は少し粗めに……など、粒度調節も可能です。「お茶ミル」を使用

  • 刃はセラミック製。石臼のように2枚の刃で茶葉を細かく挽きます。
    金属臭がないので、お茶の風味を存分に味わうことができます。写真は「お茶ミル」の刃

  • 本体から受け容器を外すと、粒度調節のネジが現れます。
    時計回りで細かく、半時計回りで粗くなります。左が「お茶ミルⅡ」で、右が「お茶ミル」

  • 粒度調節により、細かいものから粗めのものまで、挽き具合は自由自在。
    飲料から料理まで、幅広い用途に活用できます。写真は「お茶ミルⅡ」で挽いたもの

  • コンパクトなサイズだから、食卓に置いておいて、いつでも手軽に挽き立てを味わえます。
    左が「お茶ミル」で、右が「お茶ミルⅡ」

 

1日に5杯以上の緑茶で癌にかかる率が下がる、なんて話もありますが、
抗菌・抗臭剤としても緑茶の効能は広く知られています。
鹿児島県に自社工場を持ち、高い技術を活かしたセラミック製品で定評のある
「ポーレックス」の「お茶ミル」と「お茶ミルⅡ」は、
茶葉を粉末状にしてそのままいただくことで、
緑茶の成分をまるごと摂り入れやすくしたもの。
緑茶に含まれる成分の中には、ビタミンA、E、クロロフィルなど、
茶葉にお湯を注ぐだけでは抽出されにくいものもあり、
粉末にすることで、吸収される栄養素は3倍以上になるのだとか。

粉末茶は、えぐみのない、すっきり飽きのこない味わいと爽やかな後味です。
そのままお湯に混ぜても、暑い季節には氷水で冷茶も手軽に楽しめます。
粉末を、てんぷらの衣に混ぜたり、お菓子の生地に練りこんだり、
つけ塩やアイスクリームのトッピングにするなど、使い方はさまざま。
緑茶に限らずハーブや紅茶にも使えて、料理やお菓子づくりの幅が広がります。

急須で淹れる手間が省けるのと、ゴミが出ないという2つの点も、
いい習慣を続けられるポイントかもしれません。
取り扱いも簡単。刃はセラミック製で錆びなどの心配がなく、
パーツは全て取り外して洗えるので、清潔に長く使えます。
また、臼式で挽くとき茶葉に熱が伝わりにくいため、
熱で栄養分が損なわれることもありません。

従来の「お茶ミル」に加え、さらに細かく挽くことができる「お茶ミルⅡ」が登場。
粒度が30ミクロンを下回るとざらつかず、喉越しがいいと言われる中、
「お茶ミルⅡ」では約21ミクロンまで細かく挽くことができます。
お湯や水に混ぜて飲料としての利用がメインなら、「お茶ミルⅡ」がおすすめです。
料理やお菓子に使ったり、より気軽に使いはじめたい方は、
リーズナブルな「お茶ミル」を。

コンパクトなサイズは、持ち歩くのにも最適。
「お茶ミルⅡ」は、シリコン製のハンドルホルダー付きです。
アウトドアや、職場で、気軽に好みの美味しいお茶が飲めるようになります。
今までなかったのが不思議なくらい、食卓や台所でも定番の道具になりそうです。
 

お茶ミルの使い方

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    1.挽きたい茶葉を用意します。お茶の葉以外にも、乾燥したハーブや薬草類の葉物なら挽くことができます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    2.ハンドルを外し、本体のフタを取ります。ハンドルもフタも、上に引き上げるだけで外れます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    3.本体に茶葉を入れて、フタをします。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    4(「お茶ミル」の場合).受け容器を取り外します。「お茶ミル」は、接合部分がネジ式になっていて、受け容器を右に回すと外れます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    4(「お茶ミルⅡ」の場合).受け容器を取り外します。「お茶ミルⅡ」の場合、接合部分がネジ式にはなっていないので、本体から受け容器を引っ張るだけで取り外せます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    5.本体に付いている調節ネジを回して粒度を調節。右に回すと細かく、左に回すと粗くなります。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    6.受け容器とハンドルを取り付けます。ハンドルを時計回りに回すと茶葉が挽けます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    7.挽かれた茶葉は、受け容器に落ちてきます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    8.挽き終わったら、本体から受け容器を取り外します。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    分解できるので、セラミック刃や各パーツを取り外して水洗い可能です。「お茶ミル」を分解したところ。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミルⅡ」を分解したところ。「お茶ミル」よりさらに構造がシンプルになり、組み立てが簡単になりました。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミル」の本体の蓋は透明で、中が見えるようになっています。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミル」は、茶葉を挽いた粉が落ちる受け容器も透明です。細かさを確認しながら挽くことができます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミル」の本体から受け容器を外したところ。ネジ式になっていて、回すだけで着脱できます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミル」の受け容器の底には、緑色のシリコン製の栓があります。栓を外して、直径5mm程度の穴から挽いた粉を振り出すことができます。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミルⅡ」は、受け容器も丈夫なステンレス製です。「お茶ミル」のような穴は開いていません。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミルⅡ」は、持ち運びに便利なシリコン製のハンドルホルダー付きです。

  • お茶ミル(ポーレックス)

    「お茶ミルⅡ」の受け容器の底の裏側には、ポーレックスのロゴと「メイド・イン・ジャパン」の文字が。鹿児島県霧島市の自社工場で生産しています。

  • 材質
  • <お茶ミル>
    グラインダー(刃):セラミック
    蓋・受け容器:メタクリル樹脂(耐熱温度90度)
    本体:ナイロン(耐熱温度120度)
    調節ネジ:POM(耐熱温度120度)
    ハンドルを取り付ける本体側の突起:ステンレス
    ハンドル:鉄
    底栓:シリコーン

    <お茶ミルⅡ>
    グラインダー(刃):セラミック
    蓋・受け容器:ステンレス
    本体:ステンレス、POM、PP
    調節ネジ:POM、ステンレス
    ハンドル:鉄、PP
    ハンドルホルダー:シリコン
  • サイズ
  • お茶ミル:φ53.2(ハンドル含むW162.6)×H98.1(ハンドル含むH136.1)mm
    お茶ミルⅡ:φ50(ハンドル含むW162)×H135(ハンドル含むH170)mm
  • 容量
  • お茶ミル:茶葉約13g
    お茶ミルⅡ:茶葉約7g
    ※約1gの茶葉で湯のみ1杯分(約100cc)のお茶を淹れることができます。
  • 重量
  • お茶ミル:約190g
    お茶ミルⅡ:約265g
  • 備考
  • 食器洗浄機:×
ポーレックスについて
 

ポーレックスロゴ

鹿児島に本社をかまえ、セラミックやシリコンを応用した製品の開発・製造販売を
行っている老舗メーカー。
約25年前から塩、胡椒、胡麻等を挽くセラミック製刃のミル類や、
セラミック製おろし、しょうゆ差し等の製品を製造。
セラミック刃は金気がないため、食材の風味を損なわないと、コーヒーや茶葉専用のミルを開発。
実用性に特化した無駄のない美しいデザインには定評があります。

  • お茶ミル (ポーレックス)
  • お茶ミル (ポーレックス)

オプションを選択してカートに入れてください

種類

価格: 4,070
(税抜価格 3,700 円)

81ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

売り切れ

再入荷のお知らせを受け取る

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

カートに入れる ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください
【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 「お茶ミルⅡ」の蓋や本体、受け容器は、円周方向に回転させて表面を研磨して仕上げる「ヘアライン加工」で仕上げています。
    >> 「お茶ミルⅡ」の蓋の内側や、ハンドルを本体に接合するための突起(シャフト)には、製造時についた凹凸が多少見られます。
    >> 「お茶ミルⅡ」は、蓋や本体、受け容器がネジ式ではないため、接合の際、緩め、きつめなど製品によって若干の差異があります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 取扱説明書をよく読んでからご使用ください。
    >> 茎茶や、茶葉に混ざっている茎の部分は、抹茶状には挽けません。また、お茶の製法、形状、乾燥度合などによっても挽き具合の違いが生じることがあるのでご了承ください。
    >> お茶以外の乾燥葉物を挽く場合は、挽けることをご確認のうえ、ご利用ください。
    >> 水洗いするときは、傷の原因になるので、クレンザーや金属タワシは使用しないでください。

おすすめ商品を見る