受注生産

漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)


  • おかずをさっと盛りつけただけで、おもてなしの食卓の主役に。
    漆の落ち着いた色合いは、食材を美味しそうに見せてくれます。「大 一段 朱うるみ」を使用

  • 蓋の縁は面取りが施され、洗練された印象です。「小 一段 本朱」を使用

  • 左が「小 本朱」で、右が「大 朱うるみ」。「小」の方が幅広のかたちです

  • 塗りの色は4色からお選びいただけます。外側が「黒」か「溜(ため)」の場合、内側は「朱うるみ」になります。
    外側が「本朱」と「朱うるみ」の場合は、内側も外側と同じ塗りです

  • 段数は、大きさ、塗りの色に関わらず、「一段」、「二段」、「三段」からお選びいただけます

  • サイズは2種類。左が「小 一段 本朱」で、右が「大 一段 朱うるみ」です

  • 同じく「輪島キリモト」の「重ね箱 四方」「はじめて椀」と一緒に使えば、お正月の準備も万端です

 

輪島キリモトの「漆の重ね箱」。
器として使うときだけでなく、棚の中でも存在感を放ちます。
それでいて、シンプルな無地だから、いつもの料理に気負いなく使えるのです。

横長の「長方」は、「大」と「小」の2サイズ。
とくに「大」は、横の長さが強調されたフォルム。
モダンな印象は、オードブルや、サンドイッチを並べても様になるので、
お正月のお節など、改まった席の重箱として使う以外に
器としての使い勝手も十分。
家族のメインディッシュを一段ずつ盛りつけて、食卓に並べたら壮観です。

ツヤやかな「黒」と「本朱」に、こっくりとした「朱うるみ」、
とろりとした質感の「溜(ため)」と、それぞれ4色から選べます。
普段使いの器に「一段」。
お花見や2人家族のメインディッシュを盛りつけるために「二段」。
やはり重箱としての使い勝手を考えて「三段」。
すべて蓋つきです。

角は内側も全て丸く仕上げてあり、汚れがたまりにくくなっています。
油物も、やわらかいスポンジに台所用中性洗剤で
するっと洗い流せるのが漆のいいところ。
蒸し鶏のサラダや、ローストビーフなど、
お肉との相性もいいので、油を気にせず使ってください。

使う毎にその色味は明るくなり、よりツヤも増すとなれば、
日々使わない手はありません。
実は抗菌作用もあることが知られている天然漆。
子どもから大人まで、安心して使える器として、
もっともっと、気軽にテーブルの上に登場してほしいアイテムです。

 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    角はほどよくカーブを描き、やわらかな印象です。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    一段の高さは「小」(上)も「大」(下)も同じです。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    「黒」は、しっとりとした濡羽色。内側が「朱うるみ」でツートンになっています。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    「朱うるみ」は、こっくりと落ち着いた朱色。内側も同じ色です。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    「本朱」は、鮮やかな朱色。華やかな印象です。内側も同じ色です。

  • 重ね箱 長方 (輪島キリモト)

    「溜」は、朱色の漆を塗った上に、さらに透明度の高い漆で仕上げたもの。下の色がにじんだように透けて見えることで、奥行きを感じさせます。外側は落ち着いた赤茶色で内側は「朱うるみ」と、ツートンになっています。

  • 材質
  • ヒノキアスナロ、シナ工芸板
  • サイズ
  • 小 一段(蓋・身):
    約W240×D160×H60mm/身一段の内寸:約W230×D150×H45mm
    小 二段(蓋・身):
    約W240×D160×H110mm/身一段の内寸:約W230×D150×H45mm
    小 三段(蓋・身):
    約W240×D160×H160mm/身一段の内寸:約W230×D150×H45mm

    大 一段(蓋・身):
    約W305×D130×H60mm/身一段の内寸:約W290×D120×H45mm
    大 二段(蓋・身):
    約W305×D130×H110mm/身一段の内寸:約W290×D120×H45mm
    大 三段(蓋・身):
    約W305×D130×H160mm/身一段の内寸:約W290×D120×H45mm
  • 容量
  • 小 一段:約1515ml(満水)/約1212ml(8分目)
    大 一段:約1550ml(満水)/約1240ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 重量
  • 小 一段(蓋・身):約505g
    小 二段(蓋・身):約810g
    小 三段(蓋・身):約1130g

    大 一段(蓋・身):約475g
    大 二段(蓋・身):約740g
    大 三段(蓋・身):約1005g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
輪島キリモトについて
 

jiconロゴ

欧米では「japan」と言い表されるほど、日本を代表する工芸品、漆器。 その中でも最高級の日用品として親しまれているのが「輪島塗」です。
その輪島塗の伝統と技法を今に伝える「輪島キリモト」の歴史は、江戸時代にさかのぼります。元は塗師屋にはじまり、昭和初期に漆器木地屋に、そして三代目の輪島泰一氏により「輪島キリモト」が創設され、木地から漆塗りまでの一貫生産を行うようになりました。 その作品は、国内外で高い評価を受け、多くの賞を受賞しています。
また歴史や伝統を大切にしながらも、和菓子の「とらや」や「ルイ・ヴィトン」などと、ジャンルも国も越えたコラボレーションを行う柔軟さも持ち合せています。
「少しでも多くの人々に漆を知ってもらい、使ってもらえるものを創りたい」。そんな想いのもと、これからの日用品としての漆器作りを続けるブランドです。

 
輪島キリモトの工房を訪ねて

【ご配送について】
こちらの商品は、受注生産品となります。
ご注文確定(ご入金確認)後、3~6ヶ月程度でお届け予定です。
入荷次第ご連絡いたします。

※システムの関係上、注文時に日時指定をご選択いただけますが、
ご指定いただいても指定日にはお届けできません。
※お支払い方法は、クレジットカード決済、銀行振込、郵便振替になります。
ご入金確認後の生産となるため、代金引換は承れません。
※受注生産品のため、ご入金確認後のキャンセルは承れませんのでご了承ください。
※同時にご注文いただいた他の商品とは別送となります。
※送料は、一律無料となります。


※こちらの商品は、原料の値上げに伴い、2020年10月12日より価格が変更になりました。

  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)
  • 【受注生産】漆の重ね箱 長方 (輪島キリモト)

オプションを選択してカートに入れてください

種類

価格: 126,500
(税抜価格 115,000 円)

2,530ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

売り切れ

再入荷のお知らせを受け取る

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

カートに入れる ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください
【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと
  • >> 木地の加工から、下地、上塗りまで、すべての行程が1点1点手仕事によってつくられています。すべての商品の表情は異なりますので、ご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 取扱説明書をよく読んでからご使用ください。
    >> 漆器の使いはじめには、漆のにおいが気になる場合があります。天然漆ならではのにおいで、使っていくうちに徐々になくなっていきます。気になる場合は、米の研ぎ汁に一晩浸けてぬるま湯で洗う、直射日光の当たらない風通しのよいところに置く、鷹の爪を半分に割ったものを器の内側に入れておく、などをお試しください。
    >> ご使用後は、やわらかいスポンジやアクリルたわしを使い、水かぬるま湯で洗ってください。中性洗剤も使用可能です。すすいだ後は、布巾で水滴を拭いてください。水道水の中に含まれるカルキ分がこびりつくのを防ぎます。
    >> 化学ぞうきんの使用は避けてください。光沢がなくなります。
     

おすすめ商品を見る