CULTIVATE BOWL
(ONE KILN/ワンキルン)


  • 同じ陶土でつくっているから、印象が異なる4色でも食卓には統一感が生まれます。
    家族で色別に使っても。写真はすべて「S」

  • 「L」は麺類や丼などしっかりうけとめてくれます。
    口が広いつくりなので、たっぷりのトッピングもきれいに盛りつけられます。「L/RF-white 黒点白」を使用

  • 「S」はスープボウルにしても。「OF-clear 赤茶」を使用

  • 全2サイズ、各4色。黒点や貫入の現れ方はそれぞれ異なります。 器との一期一会をお楽しみください

  • 高台には釉薬が掛かっておらず、土の質感を感じられます

  • サラダボウルや丼にちょうどいい「L」(左)と
    飯碗やスープボウルにおすすめの「S」(右)の2サイズ

  • 釉薬は「白釉(white)」と「透明釉(clear)」の2種類。
    ガス窯で酸素が足りない状態で焼き上げる「還元焼成(RF)」と、燃料が完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれる「酸化焼成(OF)」の2つの方法でそれぞれの釉薬を焼いています。そうすることで印象が違う4色に

  • 同じ「CULTIVATE(カルチベイト)」シリーズには「PLATE」も

 

土壌を耕し、育む、という意味の「CULTIVATE(カルチベイト)」。
鹿児島を拠点に、地元の土や素材に敬意を払い
地域性のある器づくりをする「ONE KILN/ワンキルン」の新しいシリーズです。

安定感のあるボウル。
釉薬の掛かっていない高台は、高さも厚さも程よいです。
薩摩半島最南西端に位置する坊津(ぼうのつ)で採取される土を
天草陶石に40%混ぜ込んだ陶土を使用。
指をかけると、きめ細やかな中にも粒感を感じます。

「S」は飯碗もちろん、スープボウルにもぴったり。
「L」なら小うどんや、丼としても。
口が広いので、大きな天ぷらやかき揚げなどのトッピングも、
どどんっと盛りつけられます。

釉薬は乳白色の白釉を使った「white」と、
石灰を使用した透明釉の「clear」の2種類。
なのですが、それぞれ2つの焼成方法で焼き上げることにより、
同じ陶土を使っていながら4つの異なる表情が現れます。
ガス窯で、酸素が足りない状態で焼き上げる「還元焼成(Reduction Flame)」と、
電気窯を使用して、酸素が充分に供給された状態で
燃料を完全燃焼させながら焼き上げる「酸化焼成(Oxidation Flame)」。
「還元焼成(RF)」では、「white」は黄みがかった白に、
「clear」は淡い緑がかった色に変化します。
「酸化焼成(OF)」の場合は、「white」は優しい表情の白色に。
「clear」は溶けた鉄分が反応して、赤っぽく発色します。
また、「還元焼成(RF)」の場合は土の中にある鉄分が溶けきらずに残り、
黒っぽい斑点となって表面に景色をつくります。
「酸化焼成(OF)」は鉄分が溶けきるため、黒点があまり表れません。

同じ土、同じ釉薬が焼き方一つでこんなにも変化すること。
焼き物の可能性、面白さを実際に手にして
感じることができるのはとっても魅力的です。

つくられた過程まで思いを馳せられたら、
普段の生活で使う器たちもより愛おしくなるはず。
器がより愛おしくなるはず。
人と人、人と器の関係もカルチベイト(育む)してくれる、
使い込むごとに、味わい深くなる器たちです。

 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 上から見たところ。左から「S」、「L」。「RF-white 黒点白」を使用

  • 裏側には高台とロゴマークが刻まれています。左から「S」、「L」。「RF-white 黒点白」を使用

  • 横から見たところ。どちらも高台がしっかりあり、どっしりとしたかたちをしています。左から「S」、「L」。「OF-white 白」を使用

  • 「RF-white 黒点白」は白釉を掛け、酸素が足りない状態で燃焼する「還元焼成(RF)」という方法で焼いています。鉄分が溶け切らないため、表面には黒点が多くみられます

  • 「RF-clear 黒点緑」は透明釉を掛け、酸素が足りない状態で燃焼する「還元焼成(RF)」という方法で焼いています。釉薬部分は緑色に変化し、鉄分が溶け切らないため、表面には黒点が多くみられます

  • 「OF-white 白」は白釉を掛け、燃料が完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれる「酸化焼成(OF)」という方法で焼いています。鉄分が焼成中に溶けてなくなるため、比較的黒点が見られず、マットな白色に

  • 「OF-clear 赤茶」は透明釉を掛け、燃料が完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれる「酸化焼成(OF)」という方法で焼いています。鉄分が焼成中に溶けて赤茶色に発色します

  • ロゴマークと一緒に、「Amakusa 60% Bounotsu 40% 31.29061° 130.211795°」と掘った場所の経度緯度とブレンドした土の割合が刻まれています

  • 材質
  • 半磁器(天草陶石60%、坊津土40%)
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • S:約φ120×H60mm
    L:約φ175×H70mm
  • 容量
  • S:約300ml(満水)/約240ml(8分目)
    L:約900ml(満水)/約720ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 重量
  • S:約185~200g
    L:約410~440g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:△ オーブン:× 食器洗浄機:○
ONE KILN/ワンキルンについて

ワンキルンロゴ

ONE KILN=一つの窯という意味の磁器ブランドは、
鹿児島を拠点に活動する焼き物作家・城戸雄介(きどゆうすけ)氏によるもの。
デザイン会社での働いたのち、
有田焼の窯元で修行、そして故郷の鹿児島にて独立を果たしました。
「THE SUN TO A TABLE:食卓に太陽を」を理念に、
一つの窯から様々な人と繋がることを目指しています。
 

  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)
  • CULTIVATE BOWL (ONE KILN/ワンキルン)

オプションを選択してカートに入れてください

カラー

サイズ

価格: 3,300
(税抜価格 3,000 円)

66ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

売り切れ

再入荷のお知らせを受け取る

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

カートに入れる ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください
【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 凹凸が見られる場合があります

  • 凹凸が見られる場合があります

  • 凹凸が見られる場合があります

  • 釉薬のムラや溜りが見られる場合があります

  • 「OF-white 白」や「OF-clear 赤茶」でも黒点が見られる場合があります

  • 器の表面には陶器特有の貫入が見られます。ひび割れではありません

  • 高台の回りをぐるっと囲んだ線が見られる場合があります

  • ロゴが潰れてしまっている場合があります

  • その他のご注意
    >> 一つ一つ手仕事にて作陶されているため、高さや大きさなど、個体差があります。手仕事ならでは味わいとしてお楽しみください。
    >> 器の表面には陶器特有の貫入が見られます。ひび割れではありません。
    >> 底面にがたつきがある場合があります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 陶器と磁器それぞれの特徴を併せ持った半磁器なので、多少吸水性があります。使用後は汚れを早めに落とし、十分に乾燥させてから収納してください。乾燥が不十分な場合、カビやにおいの原因となってしまいます。
    >> 器の表面には陶器特有の貫入が入っています。使い込むほどに貫入部分や陶生地に色が入って風合いが増していきます。使用前にお湯に浸し、陶器に水分を含ませておくと、色が入りにくくなります。
    >> 食洗器をご使用の場合は、破損を避けるために器同士が触れ合わないようにセットしてください。
    >> 電子レンジをご使用の場合は、水分が残ったままで温めてしまうと、素地が膨張し、器を傷める原因になります。よく乾燥した状態でご使用ください。
    >> 研磨剤入りの洗剤、クレンザー、金属たわし等のご使用はお避け下さい。

おすすめ商品を見る