野間清仁

岡山県美作市で「創作家具工房 木道(きどう)」として
家具製作を行う傍ら、めんつづくりに取り組んでいる野間清仁さん。
暮らしの中で手仕事の木のものを使ってほしい、という思いから、
家具だけではなく木を素材とするさまざまなものを手がけてきました。

「美作めんつ」も、一度つくり手が途絶えてしまっていたところに、
近所の人からのすすめに応えて、野間さんが取り組むことに。
昔と変わらず、西日本有数の木材産地である美作美作産の檜と杉を使い、
現代の子どもから大人まで誰もが使えるお弁当箱として見事復活させました。
蓋板と底板には杉、側板には檜が使われ、ツートンカラーもアクセントに。
檜は杉より硬いため、曲げるのが難しく、
蓋と本体のサイズが合うように仕上げるのも一苦労なのだそう。
その分、永く使える丈夫なお弁当箱になっています。

美作めんつの工房を訪ねて
ご利用ガイド