特集 最新記事一覧

  • 2018年10月17日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    鍋敷き

    熱々の鍋やポットを受け止める、「鍋敷き」。鍋料理やオーブン料理、お湯を沸かしたポットを置く場所として、一年中活躍するアイテムです。素材にはじまり、サイズや重さ、形状などさまざまで、どんな鍋敷きがいいか意外と悩んでしまいます。そんな悩みを解消するべく、スタッフ3人が比べてみました。

  • 2018年10月10日更新

    うつわのいろは発展編

    産地別のうつわ 関東編

    関東では、大消費地である東京に近いことから、普段使いのうつわをつくる産地が栄えました。茨城、栃木では、近隣で採れる土を使った陶器が、東京では眼鏡や風鈴などを原点とするガラスが、神奈川では豊富な木材資源を活かした漆器づくりが行われています。

  • 2018年10月7日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【寒露】秋刀魚のグリル 秋の果物サルサソース添え

    香ばしくグリルした秋刀魚に、りんごといちじくでつくったサルサソースを添えた、華やかな一皿。サルサソースは、果物の酸味でさっぱりしつつも、にんにくもきいているので、食べ応えは抜群です。今回はフライパンを使って、秋刀魚を美味しく焼く方法を教えます!

  • 2018年10月3日更新

    保存食暦

    【神無月】黒田民子さんに教わる柿の果実酢

    日本に古くからあり栄養価も高い柿を、手軽にできて料理にも活用できる「柿の果実酢」に。アレンジレシピは、やさしい甘味とまろやかな酸味を活かした「柿の果実酢ちらし寿司」と、漬け込んだ果肉を使う「柿味噌のふろふき大根」です。

  • 2018年9月25日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    秋刀魚のオイル煮

    旬の魚・秋刀魚をお弁当でも美味しくいただける「秋刀魚のオイル煮」。リメイクレシピは、春巻きの皮を使って手軽につくれる「秋刀魚とキノコのピザ」と、酢でさっぱり仕上げる「秋刀魚のバルサミコソテー」です。

  • 2018年9月22日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【秋分】葱油餅風パリパリ春巻きパイ

    台湾で人気の屋台フードを、手軽につくれる春巻きの皮でアレンジ。ねっとりとした食感の里芋と、香り高い舞茸を具にして、食べ応えのある一品に仕上げました。皮のパリパリ感と、具のほくほく感の絶妙なバランスが病みつきになる美味しさです。

  • 2018年9月20日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    おろし器

    食材をすりおろすために欠かせない「おろし器」。金属製のおろし金をはじめ、皿形の磁器製・セラミック製のものなど、さまざまなタイプのものがあります。そして、おろしたい食材も多岐にわたるため、どんなおろし器を買えばいいのか迷いがち。用途別に使い心地を比べてみました。

  • 2018年9月11日更新

    【素材別】魚下ごしらえ・保存の基本家事の基本

    イワシ

    年間通して比較的手に入りやすく、食卓に上る機会の多いイワシは、背の青い「青魚」の一種。 「不飽和脂肪酸」が多く、からだにうれしい効果が期待できます。 一般的にスーパーで「イワシ」として売られているのは「マイワシ」。 加工食品も多く、刺身につみれ、蒲焼、煮物など調理方法も豊富です。

  • 2018年9月11日更新

    【素材別】魚下ごしらえ・保存の基本家事の基本

    サンマ

    秋を代表する魚であるサンマ。刀のような細長いかたちをしていることから、「秋刀魚」と書きます。 背の青い「青魚」の一種で、健康にうれしい効果のある脂「不飽和脂肪酸」がたっぷりと含まれています。 塩焼きで食べるのが代表的ですが、栄養面を考えると生で食べるのが一番です。

  • 2018年9月8日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【白露】チューリップごま衣揚げ

    手羽先を花のチューリップのように成形して揚げた「チューリップ」。 見た目が華やかなだけでなく、骨からの身離れがよく、子どもでも食べやすくなります。 今回は、衣に香ばしいごまをあしらい、肉の中にタネを詰めることでワンランクアップさせます。

  • 2018年9月3日更新

    保存食暦

    【長月】柚木さとみさんに教わる「青唐はちみつ醤油」

    青々とした香りと爽やかな辛みが特徴の青唐辛子を「青唐はちみつ醤油」に仕立てます。アレンジレシピとして、旬の青魚を美味しくいただく「秋刀魚のカルパッチョ」と、豆板醤や豆鼓醤を使わない白い「麻婆豆腐」もご紹介します。

  • 2018年8月31日更新

    工房訪問

    大久保ハウス木工舎の工房を訪ねて

    「大久保ハウス木工舎」という屋号のもと、木の暮らしの道具をつくる木工作家・大久保公太郎さん。ひたすら木と向き合い、鉋を使って手削りで仕上げる木工を追求しています。「使い手の声」をかたちにするために、削る道具も、方法も、かたちも、「現在進行形」で変わり続けています。

  • 2018年8月27日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    ドライカレー

    お弁当に持っていきやすい汁気のない「ドライカレー」を、麺と炒め合わせた「カレー焼きそば」と、スナック感覚で食べられる「カレーサモサ」にリメイクします。

  • 2018年8月23日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【処暑】とうもろこしとじゃがいも、鶏のスープ

    ごろんと入ったとうもろこしがインパクト大!ほくほくしたじゃがいもも美味しく、食べ応え満点のスープです。たっぷりの香菜(パクチー)から染み出た出汁と、鶏の出汁が混ぜ合わさった奥深い味わいを、唐辛子がピリリと引き締めます。

  • 2018年8月20日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    スプーン・フォーク・ナイフ編

    毎日の食事で使うカトラリー。単品でいろいろなものも欲しいけれど、3点一緒に使うことが多い食事用のスプーン・フォーク・ナイフは同じデザインで揃えたいもの。長く使えるものに出会うヒントになるように、cotogotoで扱う4つのブランドを比べてみました。

  • 2018年8月15日更新

    うつわのいろは発展編

    産地別のうつわ 東北編

    北に位置する東北地方は、冬になると雪の多い地域。雪国は、成形した土が凍りやすく、他の地域と比べると焼き物づくりには不向きといわれています。そのため陶磁器の産地は少なめですが、一方で、豊富な森林資源を利用して漆器や曲げ物づくりが盛んになりました。

  • 2018年8月8日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【立秋】鰯の湯引きおろしゴーヤとトマト

    湯にくぐらせて(湯引き)生ぐさみを取った鰯(いわし)を、トマトのフレッシュさとゴーヤの苦味が引き立てます。ゴーヤはすりおろすことで生でも量を食べやすく、爽やかな苦味が暑さでバテた体をしゃっきりしてくれます。

  • 2018年8月6日更新

    お米の炊き方和食の基本家事の基本

    玄米

    精米せず、もみ殻を取り除いただけの状態である玄米。手軽な炊飯器に比べ、圧力鍋で炊けばぷちぷちと食べ応えのある食感に、土鍋で炊けば香ばしく、好みでおこげも味わえます。3つの方法それぞれでの炊き方をご紹介します。

  • 2018年8月1日更新

    保存食暦

    【葉月】安田花織さんに教わる「鯵のヨーグルト漬け」

    美味しく体にいい青魚の鯵を、発酵食品の中でも味にクセのないヨーグルトを漬け床にしたヨーグルト漬けに。アレンジレシピは、サラダ仕立ての「グレープフルーツと鯵のミントマリネ」と、火を入れる「鯵ココナッツカレーそぼろ麺」です。

  • 2018年7月25日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    海南鶏飯

    茹で鶏とその茹で汁で炊いたごはんを盛りつける「海南鶏飯」。茹で鶏を使った「から揚げ」と、さっぱり美味しい「バンバンジー風サラダ」へのリメイクレシピをご紹介。

  • 2018年7月23日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【大暑】和風グレインズサラダ

    穀物(グレインズ)を使い、炭水化物とたんぱく質、野菜を一度に摂取できる優秀なサラダ。酢や柚子胡椒を効かせたさっぱりとした味わいで、食欲のないときでも、さらっと食べられます。今回は栄養価の高いキヌアに、レンズ豆や旬のたこを合わせ、食べ応えのある一品に仕上げました。

  • 2018年7月19日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    水出しコーヒー編

    夏の時期にうれしいアイスコーヒー。水に浸けるだけの「水出しコーヒー」なら、誰でも手軽に美味しい1杯を楽しむことができます。「プシプシーナ珈琲」と「イフニ」の水出しコーヒー、そしてイフニから新たに発売されたデカフェの水出しコーヒーの三つの味の違いを比較しました。

  • 2018年7月9日更新

    下ごしらえ・保存の基本家事の基本野菜の切り方

    小口切り

    細長い棒状の野菜を、端から直角に薄く切ること。厚みは料理に合わせて異なりますが、1~5mm程度が目安です。ちなみに、小口とは一般に材料の端のことを指し、端から切ることから小口切りと呼ばれます。

  • 2018年7月9日更新

    下ごしらえ・保存の基本家事の基本野菜の切り方

    輪切り

    野菜の切り方の基本中の基本、輪切り。丸い棒状の野菜(または丸い野菜)を、横にして端から直角に切るので、切り口が円形になります。端から同じように切るだけで、簡単にかたちを揃えて切ることができます。

  • 2018年7月9日更新

    下ごしらえ・保存の基本家事の基本野菜の切り方

    くし形切り

    球状の野菜を、中心に向かって放射状に切ること。くし(櫛)のかたちに似ていることが名前の由来です。球状の野菜を効率よく均等な大きさに切りたいときにおすすめです。

  • 2018年7月9日更新

    保存食暦

    【文月】モコメシさんに教わる「ゴーヤのオイルピクルス」

    ゴーヤを、酢と油を使って保存性を高め、スパイス香るオイルピクルスに。薬味として豆腐にのせていただく「エスニックおつまみ冷奴」と、豚肉と炒めてごはんに添える「ゴーヤと豚肉のスパイシープレート」にアレンジします。

  • 2018年7月7日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【小暑】鶏飯

    鹿児島・奄美地方の郷土料理「鶏飯(けいはん)」。ご飯の上にさまざまな具を並べ、鶏出汁のスープをかける、暑い日にもさらっと食べられる一品です。季節に合わせて生きくらげとつるむらさきを具に入れてアレンジしました。

  • 2018年7月2日更新

    工房訪問

    美作めんつの工房を訪ねて

    岡山県北部に位置する美作地域で、古くから伝わる曲げ物の弁当箱「めんつ(面桶)」。 「美作めんつ」と名づけ、一度は途絶えためんつづくりの技術を復活させたのが、木工職人の野間 清仁さんです。 昔ながらのめんつを踏襲しながら、今の人が使いやすいようにアレンジを加えています。

  • 2018年6月27日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    焼きビーフン

    オイスターソースとナンプラーを利かせた「焼きビーフン」を、それを具にしたパリパリの「春巻き」とモチモチの「おやき」にリメイクします。

  • 2018年6月26日更新

    うつわのいろは基本編

    うつわの技法 木 表面仕上げ編

    木のうつわは、「無塗装」や「ウレタン塗装」、「漆塗り」などの仕上げの表面加工によって、使い勝手や見た目の印象が大きく異なります。 仕上げの技法によって、使うときに気をつけるポイントや、お手入れの仕方などが異なるため、購入する前にぜひ違いを知っておきたいものです。

  • 2018年6月21日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【夏至】かんぱちと豆腐の洋風なめろう

    細かく刻んだり叩いたりした新鮮な魚に、調味料や薬味を混ぜ合わせた千葉県の郷土料理「なめろう」。旬のかんぱちと豆腐をベースに、らっきょうやケッパーでコクを出したら、どこか異国の味わいに。焼いたバゲットに添えていただきます。

  • 2018年6月20日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    水切りかご・ボード編

    洗った食器や調理器具などを置く、水切りかご。水周りで毎日使うものだから、清潔を保ちやすく、なおかつ、キッチンのスペースを有効活用できるアイテムを選びたいものです。食器が収まる量やサイズ、お手入れのしやすさなどのポイント別に比べました。

  • 2018年6月12日更新

    【素材別】野菜下ごしらえ・保存の基本家事の基本

    大根

    別名「すずしろ」として春の七草に数えられるよう、古くから日本で重宝されてきた食材です。胃腸の調子を整える消化酵素が豊富に含まれています。部位により味が異なるのも特徴です。

  • 2018年6月12日更新

    【素材別】野菜下ごしらえ・保存の基本家事の基本

    にんじん

    β-カロテンたっぷりのにんじんは、免疫力を高める効果などのあるビタミンA補給にぴったり。アクも少なく、和洋問わずどんな料理にも使える万能選手です。短く太い「西洋にんじん」が一般的ですが、「金時にんじん(京にんじん)」など様々な種類があります。

  • 2018年6月7日更新

    工房訪問

    UTOの工房を訪ねて

    ヴィンテージの生地や道具などに魅力を感じ、独自の感性でものづくりに取り組む吉川朋典さんと木村友香さんのユニット「UTO」。 帆布、麻、革など、使い込むごとに味わいを増す現代の素材も取り入れながら、バッグやエプロンといった日々の道具を製作しています。

  • 2018年6月6日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【芒種】めかじきととうもろこし、青唐辛子のパスタ

    甘くてジューシーな旬のとうもろこしを、こってりと脂ののっためかじきと、ピリッと辛い青唐辛子と合わせてパスタに。レモンの適度な苦味と香りが、全体を爽やかにまとめます。

  • 2018年6月1日更新

    保存食暦

    【水無月】若山曜子さんに教わる「梅シロップ」

    梅の保存食の定番「梅シロップ」を、グラニュー糖と酢を使う、失敗知らずのつくり方で教わりました。凍らせれば、ひんやりうれしい夏のデザート「グラニテ」に。漬けた梅を活用できる「豚肉と卵の梅煮」のつくり方もご紹介します。

  • 2018年5月25日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    ひじきの煮物

    ごはんとの相性抜群で、栄養バランスもいい「ひじきの煮物」を、ヘルシーな「ひじきつくね」と、パンにも合う「ひじきとカッテージチーズのサラダ」にリメイクします。

  • 2018年5月22日更新

    暮らしの道具、徹底比較

    栓抜き編

    王冠付きの瓶をあけるときに欠かせない、栓抜き。毎日使うわけではないけれど、瓶ビールやジュースを飲むときなど、無くて困った経験をした方もいるのではないでしょうか。お酒好きのスタッフを集めて、その使い心地やデザインを比べてみました。

  • 2018年5月21日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【小満】新じゃがのハッセルバックポテト

    じゃがいもに細かく切れ目を入れてつくる、スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」。できたては、表面カリカリ、中はほくほく。今回は皮まで美味しい、旬の新じゃがでつくります。木の芽と黒コショウと合わせれば、ピリッと刺激的。サワークリームの濃厚ソースを付けていただきます。

  • 2018年5月8日更新

    下ごしらえ・保存の基本家事の基本野菜の下ごしらえ

    板ずり

    「板ずり」とは、表面を滑らかにして口当たりをよくするために、塩をこすりつけること。表面に突起があるきゅうりや、産毛のあるオクラに行います。塩には酸化酵素の働きを抑え、変色させない効果があるので、塩を直接まぶすことで、色鮮やかに仕上げることができます。

  • 2018年5月8日更新

    下ごしらえ・保存の基本家事の基本野菜の下ごしらえ

    オクラの下処理

    オクラは、下処理をすることで、ヘタ(茎と実の接続部分)までまるごと食べられるようになります。下処理として取り除くのは、硬くて口当たりの悪い「ガク」と呼ばれる部分と、ヘタの黒い先端部分「なり口」。ほんの一手間で余すことなく食べられるので、ぜひお試しください。

  • 2018年5月7日更新

    暮らしの読みもの

    今の暮らしに合う荒物のこと

    昔の道具というイメージのある荒物ですが、実は今でもつくり続けられている現在進行形の道具。 長年改良や試行錯誤が重ねられ、耐久性や使い勝手に磨きがかかっているのです。 現代の暮らしに合う荒物やその取り入れ方について、荒物問屋の代表格「松野屋」店主・松野弘さんにお話を伺いました。

  • 2018年5月5日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【立夏】たけのことカマンベールの生ハム巻きソテー

    たけのこの水煮を使い、手軽につくれる一品。シャキシャキしたたけのこに甘じょっぱい生ハムとはちみつが絡み、シャンパンなどのお酒とも合いそうです。

  • 2018年5月2日更新

    保存食暦

    【皐月】脇雅世さんに教わる「トマトソース」

    初夏の日差しを浴びた瑞々しいトマトを、イタリアのマンマがつくるようなクラシカルな「トマトソース」に。アレンジレシピとして、「ミートボールのトマト煮」と 「バスク風オムレツ」もご紹介します。

  • 2018年4月30日更新

    うつわのいろは基本編

    うつわの技法 木 成形編

    木のうつわは、かたちによって「刳物」や「曲げ物」など用いられる成形の技法が異なります。 刳物は個性ある彫り跡が楽しめる、曲げ物は曲線が美しいなど、それぞれに見所があります。 各技法の特徴を知れば、さらに木のうつわの楽しみ方が広がるはずです。

  • 2018年4月25日更新

    お弁当おかずリメイクレシピ

    鶏とさや豆のカシューナッツ炒め

    春が旬のさや豆3種の中華風炒め物「鶏とさや豆のカシューナッツ炒め」を、バターが香る「鶏とさや豆のピラフ」と、彩り爽やかな「スパニッシュオムレツ」にリメイクします。

  • 2018年4月20日更新

    二十四節気の食べごろレシピ

    【穀雨】蕗と三つ葉、 さきイカのかき揚げ

    旬の味覚、蕗にさきイカと三つ葉を合わせてかき揚げに。ほろ苦い蕗と甘く香ばしいさきイカの香りが立ち、得も言われぬ美味しさです。カリカリとした食感のよさも病みつきに。おつまみにたまらない一品です。

ご利用ガイド