“暑くて食欲が落ちがちなときも食べやすい”冷水希三子さんに教わる「ガスパチョ」 | 仕込み上手な朝ごはん | cotogoto コトゴト
「密封びん」2点以上で10%off!
シェアする:
シェアする:

1日をごきげんにはじめる!仕込み上手な朝ごはん 1日をごきげんにはじめる!仕込み上手な朝ごはん

冷水希三子さんに教わる「ガスパチョ」

2023年7月公開

暑くて食欲が落ちがちなときも
食べやすい

冷水希三子さんに教わる
「ガスパチョ」

朝から暑くて、食欲がいまいち湧かない……という日も、
みずみずしくて、ひんやり、さっぱりとしたメニューなら、するりとお腹に入って、
涼やかに、気持ちよく朝をはじめられます。

季節の食材を使った料理が人気の料理家、フードコーディネーターの
冷水希三子(ひやみず きみこ)さんに
トマトベースの冷製スープ「ガスパチョ」と、
たんぱく質とフルーツも補える「パイナップルの八角マリネ 水切りヨーグルト添え」の
2品を教わりました。

「ガスパチョ」には、トマトだけでなく6種類もの野菜を使用。
喉越しよくするする食べられるのに、野菜の栄養もたっぷり摂れて、
暑い季節の朝ごはんにおすすめです。

教えていただいたのは……

料理家、フードコーディネーター
冷水希三子さん

冷水希三子さん

レストランやカフェ勤務を経て独立。季節の食材を使った料理に定評があり、美しい器選びや盛りつけでも人気を集めています。書籍や雑誌、広告や映像などで幅広く活躍中。
著書に「さっと煮サラダ」、「スープとパン」(共にグラフィック社)など。
公式サイトは、こちらから。

ガスパチョ

ガスパチョ

とろりとした食感のトマトベースの冷製スープ。
6種類の野菜のうまみが溶け合ったさっぱりとやさしい味です。
トマトやパプリカ、たまねぎに、きゅうりのみずみずしさや、セロリの爽やかな香りが加わり、
さらにすいかを加えることによって全体がまろやかになります。

なめらかできれいな美味しいスープにするためには、丁寧な下ごしらえが欠かせません。

仕込み上手のポイント

前日に食材を切って、調味料と合わせておけば、朝はミキサーにかけるだけででき上がりです。
調味料と一緒に一晩寝かせておくことで、全体が馴染んで味にまとまりが出ます。

材料(2人分)
  • トマト…2個(400g)
  • きゅうり…1/2本(50g)
  • すいか(無い場合はプラムでも、入れなくても)…60g
  • セロリ…5㎝(20g)
  • パプリカ…1/4個(40g)
  • たまねぎ…1/10個(15g)
  •  
  • レモン汁…大さじ1/2
  • 白ワインビネガー(レモン汁でも)…大さじ1/2
  • パン(バゲットやカンパーニュ、無い場合は食パンでも)…10g
    ※シンプルな配合のパンの方が、野菜の味を引き立ててくれるのでおすすめです。
  • 塩…小さじ1/4
  • 水…100ml
  •  
  • オリーブ油…大さじ1
つくり方
前日まで
  • トマトはヘタの反対側に切れ目を入れ、熱湯に5秒ほど入れ冷水に取り、皮をむきます。

  • 横半分に切って、スプーンで種をざるに取り出し、種の周りの汁を濾します。
    種は苦味の元となるので、使用しません。

  • トマトの実の部分は1cm角に切って2の汁と合わせます。

  • 皮をむいたきゅうり、種を取ったすいか、セロリとパプリカをそれぞれ1cm角に切ります。
    たまねぎは2mm幅に切ります。

  • パンを一口大にちぎっておき、ボウルにオリーブ油以外の材料と3、4を合わせ、ジッパーつき袋などに入れ冷蔵庫で半日寝かせます。
    ボウルのままラップなどで蓋をして寝かせても大丈夫です。
    パンも入れることでとろみが出ます。

当日
  • オリーブ油を加えてミキサーにかけます。
    器に盛りつけ、お好みでオリーブ油(分量外)をかけます。

パイナップルの八角マリネ
水切りヨーグルト添え

パイナップルの八角マリネ 水切りヨーグルト添え

パイナップルの甘い南国の香りを、八角のエキゾチックな香りがより引き立てる、
まるで、南国の街角のような香り漂うマリネです。

水切りヨーグルトはこっくりとした食感で、マリネとともにパンにのせて食べるのにぴったり。
クリームよりもさっぱりとして食べやすく、朝ごはんにおすすめです。

仕込み上手のポイント

前日からパイナップルをマリネしておき、ヨーグルトを水切りしておけば、
朝は盛りつけるだけで完成。
パイナップルは漬け込んでおくことで、
レモンや八角の風味がしっかりと果実にいきわたります。
ヨーグルトは、水切りすることで、さっぱりとした風味はそのままに、
クリームのようにこっくりとした食感に。

材料(2人分)
  • パイナップル…200g
  • 八角…1個
  • はちみつ…10g
  • レモン汁…10g 
  •  
  • ヨーグルト…お好みの量
つくり方
前日まで
  • パイナップルはヘタ、お尻、皮を切り取り、一口大に切ります。
    ボウルにヨーグルト以外のすべての材料を混ぜ合わせ、保存容器などで一晩冷蔵庫におきます。

  • ボウルにざるをのせて、厚めのキッチンペーパーかさらしなどをひいてヨーグルトを入れ、冷蔵庫で一晩おきます。

当日
  • 漬け込んだパイナップルと、水切りしたヨーグルトを盛りつけて完成です。

冷水さんの器選び

冷水さんの器選び

清涼感のある印象で、朝らしさも感じる青みを帯びた器と、それに合うものを選びました。

スープには涼し気だけど冷たくなりすぎない、やさしい印象のガラスの鉢を。

マリネとヨーグルトを入れたボウルと、トーストをのせたプレートは、
青みがかったグレーの釉薬の、イイホシユミコさんのものを。
なんともいえない絶妙な色で、食材の色を邪魔せず爽やかに引き立ててくれます。

お水も青く色つきのグラスに入れれば、さらに涼し気に食卓を引き締めてくれます。

  1. フィフティーズカラー タンブラー インディゴ (Sghr スガハラ)
  2. with4 14hachi(ユミコ イイホシ ポーセリン/yumiko iihoshi porcelain)
  3. unjour プレート apres midi 190(M190) (ユミコ イイホシ ポーセリン/yumiko iihoshi porcelain)
  4. くるみガラス 泡平鉢 (ガラス工房 橙)
シェアする: