オウジヤマ/OJIYAMA

オウジヤマ/OJIYAMA ロゴ

兵庫県で焼き物と言えば、日本六古窯に数えられる丹波焼が有名ですが、
江戸時代末期、土ものの丹波焼に対し、
当時の篠山藩主が城下町である王地山の地に築いた藩窯が王地山焼です。
青磁・染つけ・赤絵などの中国風のものが多く、
繊細かつ高度な技術をもってつくられていたといいます。
明治2年(1869年)、廃藩置県を目前にして廃窯の運命となったものの、
100年以上の時を経て、1988年に復興されました。

神戸にあるデザイン事務所の「トランクデザイン」とタッグを組んで生まれた
王地山焼のブランド「オウジヤマ/OJIYAMA」は、
王地山焼の伝統である緑色の青磁釉、鎬(しのぎ)の技法などを
今の生活に馴染むかたちで提案します。
磁器独特の軽さ、薄さを兼ね備えた器たちはテーブルを彩る新たなスタンダードになってくれそうです。

ご利用ガイド