家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 野菜 きゅうり

素材別 野菜 きゅうり

瑞々しく、ポリッとした歯ごたえが美味しいきゅうりは、
ヒマラヤ原産で中国から日本へ伝わりました。
成分の約95%が水分で栄養は少なめですが、
体を冷やす効果があるので夏にはうれしい野菜です。
サラダや漬物などで生で食べることが多いですが、
中華炒めなど火を通して食べても、
また違った美味しさを味わえるはずです。

年間通して流通していますが、旬は夏です。

栄養

体内の余分な塩分の排出を促すカリウムが豊富で、
高血圧予防に効果が期待できます。
利尿作用があるので、むくみの解消にも。
カリウムは煮たり茹でたりすると溶け出してしまう栄養素ですが、
生で食べることが多いきゅうりなら余すことなく摂ることができます。
皮にはポリフェノールが多く含まれるので、
皮ごと食べた方がいいでしょう。
また、ぬか漬けにするとビタミンB1が増加します。

選び方

かたく、太さが均一で太すぎないもの、イボがしっかりと尖っているものが新鮮です。(イボがない品種もあります)

主な切り方・下ごしらえ

保存方法

常温:△
冷蔵:○
冷凍:△

乾燥と低温を嫌う野菜なので、
袋に入れた状態で冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめ。
涼しい時期には、風通しのいい冷暗所での保存も可能です。
保存の際はヘタを上にして立てておきます。
冷凍での保存も可能ですが、解凍後は生よりも
中華炒めなど火を通す料理がいいでしょう。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド