タラ | 【素材別】魚介 | cotogoto コトゴト
家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 魚介 タラ

素材別 魚介 タラ

「鱈」の字のごとく、雪のような白い身が上品なタラ。
癖がなく淡白な味わいは、鍋料理に欠かせません。
旨味成分であるグルタミン酸やイノシン酸が豊富なため、
出汁まで美味しくいただけます。
生の「生ダラ」に、塩をした「塩ダラ」、
干した「棒ダラ」、
塩をして干した「干しダラ」などの加工品も人気。
卵巣は「たらこ」、精巣は「白子」として出回っています。

冬が旬です。

栄養

低脂肪、高タンパク質でダイエット中にもうれしい魚です。
貧血を防ぐ働きのあるビタミンB12が多く含まれていますが、
それ以外の栄養素は少なめ。
他の食材と組み合わせることで栄養を補いましょう。

選び方

切り身はピンクがかった色で透明感があり、
肉質に張りと弾力のあるものが新鮮です。
身が白く不透明なものや、パックに水分が溜まっているものは
鮮度が落ちているので避けましょう。

保存方法

常温:×
冷蔵:○
冷凍:○

鮮度が落ちるのが非常に早いので、
生で食べることは基本的におすすめしません。
水分を拭き取って、
ラップで覆って空気に触れないようにして冷蔵庫で保存します。
冷凍の場合も同様に乾燥しないよう注意しましょう。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら