牡蠣 | 【素材別】魚介 | cotogoto コトゴト

【ご注文商品のお届けについてのお知らせ】
ただいまご注文が大変混み合っております。
発送まで2~3日程度お時間をいただきますこと、何卒ご了承ください。

<「総額表示」義務化に伴うお知らせ>

家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 魚介 牡蠣

素材別 魚介 牡蠣

強い旨味と濃厚な味わいでファンが多い牡蠣。
殻と身が大きく、ジューシーな味わいが特徴の「岩牡蠣」と、
小ぶりながら濃縮された旨味が特徴の「真牡蠣」があります。
海のミルクとも呼ばれるほど、栄養豊富な食材です。

真牡蠣は冬、岩牡蠣は夏が旬です。

栄養

食品の中でも牡蠣は亜鉛が多く含まれている食材。
亜鉛はエネルギーの代謝に欠かせない栄養素で、
不足すると脱毛、味覚障害などの症状があらわれます。
また免疫力を高める効果もあります。
鉄やタウリン、カルシウムも豊富で、
とくにカルシウムの含有量は魚介類の中でもトップクラス。
貧血を防ぐ働きのあるビタミンB12も多く含まれています。
エネルギー源になるグリコーゲンも豊富で、
疲労回復に役立ちます。

牡蠣のビタミン類は水溶性。
旨味と栄養が溶け出た煮汁まで一緒に食べられる
調理法がおすすめです。

選び方

身がふっくらとして、ツヤのあるものが新鮮です。
なるべく同じくらいの大きさのものを買うと、
火の通りが揃って加工しやすくなります。

主な切り方・下ごしらえ

豆知識

牡蠣といえば、怖いのが食あたり。あたらないための対策としては、中心部までしっかりと火を通すことが一番。とくに家庭では生食はなるべく控え、食べるとしても量を控えたほうが安心でしょう。

保存方法

常温:×
冷蔵:○
冷凍:○

殻つきは殻の汚れをとってから、
むき身は身の汚れを落とす下処理をしてから冷蔵保存します。
冷凍する場合は保存袋などに入れて乾燥を防いで。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら