家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 魚介の下ごしらえ ホタテの下処理

魚介の下ごしらえ ホタテの下処理

どこを食べるのが正解なのかわかりづらい、貝つきのホタテ。
貝を外し、料理に使える状態にするまでの流れをご紹介します。
貝つきの下処理の仕方がわかれば、
獲れたての新鮮なホタテの刺身も自分でつくることができます。



  1. 1

    貝の表面は、タワシなどでしっかりと洗っておきます。貝の平たい面を上にして持ち、ナイフ(テーブルナイフで可)を貝の口に差し込みます。貝の天井に刃を沿わせるようにしながら、貝の端から中央に向かってナイフを動かします。

  2. 2

    貝の平たい面を上にして持ったまま、1とは反対側の端から中央に向かって同様にナイフを動かします。貝と貝柱が切り離され、貝が開きます。

  3. 3

    貝の上側を外し、下側も貝に沿うように刃を入れ、貝から身を外します。

  4. 4

    貝柱に沿って指を入れ、外側を取り巻くヒモを軽く引っ張るようにして取り除きます。

    point

    ヒモは塩もみしてぬめりを取り刺身にすると、美味しくいただけます。

  5. 5

    赤い生殖器の部分を取り除きます。

    point

    生殖器はお吸い物にすると、美味しくいただけます。

  6. 6

    「ウロ(中腸線)」と呼ばれる黒い部分を取り除きます。ここは食べられないところなので、捨ててください。

  7. 6

    完成です。貝柱は軽く水洗いをして、刺身やソテーなどでいただきます。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド