とうもろこし | 【素材別】野菜 | cotogoto コトゴト
家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 野菜 とうもろこし

素材別 野菜 とうもろこし

甘く瑞々しい夏の味覚、とうもろこし。
分類上はイネ科の穀物であり、
世界各地で欠かせない食物の一つです。
種類が豊富で、スイートコーンや、
早めに収穫されたベビーコーンなどが野菜として食べられています。
加工用品種も豊富で、パンやコーンフレーク、ポップコーンに、
でんぷんを分解してコーンスターチに、さらには家畜の飼料にと、
あらゆるところで活用されています。

旬は夏です。

栄養

主成分は糖質。
食物繊維が豊富で、便秘の解消に役立ちます。
またカリウムも豊富なので、過剰なナトリウムの排出が促され、
むくみの改善が期待できます。
糖質の代謝を促すビタミンB1、
肌や髪を健康に保つビタミンB2も豊富。
ビタミンB群は水溶性のため、茹でずに焼いたり蒸したりした方が
栄養を余すことなく摂取できます。
そのほか、丈夫な骨や歯をつくるリンも多く含まれます。

豆知識

栄養は、とうもろこしの粒のつけ根にある胚芽の部分に多く含まれます。芯から粒を外すときには、胚芽を残さないように気をつけましょう。

選び方

皮は鮮やかな緑色で、ひげの茶色が濃いものが完熟しています。
ひげと粒の数は同じなので、
ひげの分量が多いものは、実入りがしっかりしています。

保存方法

常温:×
冷蔵:○
冷凍:○

高温に弱く、また収穫直後から甘みが落ちていくので、
なるべく早く食べましょう。
皮とひげを取らずに、湿らせた新聞紙などで包んで、
保存袋に入れ立てた状態で冷蔵庫の野菜室で保存します。
冷凍する場合は茹でてから保存袋に入れて。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら