家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 魚介 エビ

素材別 魚介 エビ

子どもから大人まで、日本人が大好きな魚介の一つ。
世界で約3,000種あり、
日本で食べられている種類だけでも20種ほどあるとされています。
日本で獲れるエビの代表格であり、「エビの王様」とも、
最も味がいい品種ともいわれる「クルマエビ」。
刺身や天ぷら、塩焼きなど、どんな料理でも美味しくいただけます。
スーパーで手に入りやすい「ブラックタイガー」は、
火を通してもぷりぷりとした弾力ある食感が魅力で、
エビフライや天ぷらに最適。
育てやすいため低価格の「バナメイエビ」は、
やわらかく甘みがあり、冷凍のむきエビとしても多く流通しています。
その他、とろけるような甘さが刺身や寿司で人気の「アマエビ」や、
かき揚げなどに使われる小型の「サクラエビ」も。
どの種類も低脂肪、高タンパク質でダイエットの心強い味方です。

現在は養殖や輸入のものが多いですが、
天然のクルマエビの場合、夏から秋にかけて旬を迎えます。

栄養

低脂肪、高タンパク質がうれしいエビ。
動脈硬化予防や肝臓の機能改善を促すタウリンが多く含まれます。
酢やレモン汁などのクエン酸と一緒にとると、
タウリンの吸収率が高まります。

赤い色素はポリフェノールの一種であるアスタキサンチンで、
抗酸化作用が高く、美肌作用や疲労回復作用が期待できます。

殻やしっぽにはカルシウムが多いので、
まるごと食べられるサクラエビなどは
カルシウムを摂取しやすいと言えます。

そのほか、免疫力の向上に効果がある亜鉛や
免疫機能を高めるビタミンE、
疲労回復作用のあるビタミンB12も多く含まれます。

選び方

殻つきのものは、殻に透明感があるものを、
殻が剥いてあるものは、身にハリがあるものを選びましょう。

主な切り方・下ごしらえ

保存方法

常温:×
冷蔵:○
冷凍:○

買ってきたら、塩水で全体を洗って汚れを落とし、
ついたままだと鮮度が落ちやすい背ワタと頭を取っておきます。
その日のうちに調理しない場合は、
冷水にくぐらせて氷の膜をつくって保存袋に入れて冷凍庫へ。
エビフライなどにする場合は、
殻を取り衣をつけてから冷凍することも可能です。
または最初から冷凍されているエビを買えば、
保存しやすいので便利です。


※参考文献:「農林水産省

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド