春菊 | 【素材別】野菜 | cotogoto コトゴト
家事の基本 下ごしらえ・保存の基本 素材別 野菜 春菊

素材別 野菜 春菊

独特の強い香りが、鍋料理や天ぷらなどのアクセントになる春菊。
その香り成分には、自律神経を整え、
胃腸の活動を促進する働きがあります。

旬は秋から冬です。

栄養

体内でビタミンAに変わり、
がん予防や粘膜を守るβ-カロテンが豊富。
また新陳代謝を促し、細胞を若く保つビタミンEも含まれます。
この二つの栄養素は、油と調理すると吸収率が高まります。
アクが少ないので、茹でずに油で炒めるといいでしょう。

このほか、エネルギー代謝に欠かせないビタミンB2や、
免疫力を高めるビタミンC、
カルシウムや鉄分などのミネラルも多く含まれます。

選び方

葉の色が濃い緑で、葉先までハリがあり、瑞々しいもの。
茎が太すぎず、芯が白くなっていないものを選びましょう。

主な切り方・下ごしらえ

保存方法

常温:×
冷蔵:○
冷凍:○

新聞紙で全体を包み、葉先を立てて野菜室で保存します。
乾燥を嫌うので、濡らしたペーパーで根本を包めばさらに長持ち。
冷凍する場合は、かために茹でて食べやすい大きさに切ってから。
足が早く、すぐ黒くなるので、
早めに食べるか冷凍するといいでしょう。

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら