実店舗・オンラインショップともに、お盆期間中も休まず営業しています。


その他の暮らしの道具 > 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)
真工藝 > 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

800円(税抜)〜


  • 「雉子(きじ)」(左)と「子鴨」(右)は置き型。棚や机など、ちょこんと好きな場所に飾ることができます

  • 自立しないかたちのぬいぐるみは、糸がついているので吊り下げて飾ります。
    左から「花バト」、「かわせみ」、「ふくろう」、「四十雀」

  • 独自に開発した木版手染という手法で染めた布を手縫いし、籾殻を詰めて仕上げています。
    木版ならではのにじみとかすれは一体一体違い、唯一無二の味わいを生み出しています。写真は「花バト」

  • 置き型2種と吊り下げ型4種の全部で6種類。
    左が置き型の「雉子」(上)と「子鴨」(下)、右が吊り下げ型で上から「ふくろう」、「かわせみ」、「四十雀」、「花バト」

  • どの鳥も、両手に収まるサイズ感です。木綿に籾殻がふっくらと詰められ、手にしたときの心地よさもひとしおです

 

「雉子(きじ)」、「ふくろう」、「子鴨」、「花バト」、
「かわせみ」に「四十雀(しじゅうから)」といった
野鳥をモチーフにした飾りの数々。
その愛らしさについいくつも並べて飾りたくなる「木版手染ぬいぐるみ 野鳥」は、
飛騨高山に工房を持つ「真工藝」でつくられたもの。

木版手染(もくはんてぞめ)という真工藝独自の手法は、
布が伸縮して型がずれてしまうことを防ぐため、
1枚の版木にすべての色を差してから布を置き、一気に染め上げるというもの。
その後高温で蒸して色を定着させます。

自然とにじみ、かすれが現れて、
ひとつひとつ微妙に違った表情に仕上がります。
染料も独自の配合を行い、
カラフルなのにぶつかり合わない、目に優しい色合いばかり。
中には籾殻がパンパンにつまり、どの鳥もふっくらと大らかなフォルムです。

「かわせみ」、「四十雀」、「花バト」に「ふくろう」は、糸がついた吊り下げ型。
裏表同じ柄ですが、
「ふくろう」のみ、背中に可愛らしいすずらん模様を背負っています。
壁にかけて飾ってもいいですし、糸やワイヤーをつけてモビールにも。
室内の空気を動かすモビールは風水的にもいいのだとか。

「雉子」と「子鴨」は自立する、置き型。
窓辺にぽんっと置くと、一瞬傾いて、
絶妙な角度で静止しました。

眺めて、触れて、飾って、
幸せな気持ちにさせてくれる大人のぬいぐるみ。
和洋どちらの空間にも馴染むので、
鳥好きのあの人への贈り物としてもどうでしょう。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「雉子」。長い首を後ろにひねり、振り返った姿です。長い尾も特徴的。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「雉子」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「子鴨」。体に対して大きめの頭や、少しうつむき加減のところなど、可愛らしい佇まいです。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「子鴨」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「花バト」。体に花模様が染めつけられた華やかな姿です。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「花バト」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「かわせみ」。長くて細いくちばしが特徴的です。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「かわせみ」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「四十雀」。ブルーとグリーンの配色が爽やかです。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「四十雀」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「ふくろう」。ずんぐりむっくりした体つきとつぶらな瞳が、インパクトがあります。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「ふくろう」を上から見たところ。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    「ふくろう」の後ろ姿。他の鳥は裏表同じ柄ですが、「ふくろう」のみ背中にすずらん模様を背負っています。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    にじみやかすれ、色飛びなど、木版ならではの一期一会をお楽しみください。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    吊り下げ型には糸に赤いタグがつき、アクセントになっています。「木版手染 真工藝」の文字入り。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    赤いタグの裏には各野鳥の名前が入っています。置き型には赤いタグはついていません。

  • 木版手染ぬいぐるみ 野鳥 (真工藝)

    置き型には、底面に「真工藝」と書かれたシールが貼られています。

  • 材質
  • 綿、籾殻
  • サイズ
  • 雉子:約W115×D53×H100mm(尾は含まず)
    子鴨:約W105×D45×H80mm
    花バト:約W120×D38×H75mm
    かわせみ:約W128×D45×H60mm(尾は含まず)
    四十雀:約W110×D38×H65mm(尾は含まず)
    ふくろう:約W70×D45×H85mm
  • 重量
  • 雉子:約45g
    子鴨:約25g
    花バト:約25g
    かわせみ:約35g
    四十雀:約20g
    ふくろう:約40g
  • 備考
  • ※特に個体差が大きい商品ですので、サイズ、重量は目安としてお考えください。
    洗濯機:× 漂白剤:× 自然乾燥:× タンブラー乾燥:×
    アイロン:× ドライクリーニング:×
真工藝(しんこうげい)について
 

岐阜県は飛騨高山に工房を構える「真工藝 (しんこうげい) 」。
豊富な木材に恵まれたこの地域では、木を使った版画文化も生活の中にあり、
人々にとって身近な存在なのだとか。

その版画の技術を活用して、真工藝が独自に編み出したのが木版手染という手法。
1色ずつ染め上げる一般的な型染めと違い、全ての色を版木に差してから一気に染めつけます。
それも、伸縮性のある布に均一に模様を描くための工夫。
その後は高温で蒸して色止めした布の中に籾殻を詰めて縫い合わせます。
終始手作業で出来上がるぬいぐるみのシリーズは、
籾殻の手触りと重み、そして多色使いでありながら落ち着いた色彩が魅力です。
国籍を問わない民芸品、といった風情。和洋どちらの空間にも、すんなり馴染みます。

 
  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    雉子/1,000円
    子鴨/900円
    花ばと/900円
    かわせみ/900円×売り切れ再入荷
    四十雀/800円
    ふくろう/800円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 17ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 手染め、手縫いのため、同じ野鳥でも1点1点すべて異なります。
    >> 色味やサイズにはかなりの個体差があります。ご了承ください。
    >> 裏側など目立たたない箇所に小さな穴がありますが、製品仕様となります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。
ご利用ガイド