調味料入れ > 薬味入れ (東屋)
東屋 > 薬味入れ (東屋)
磁器 > 薬味入れ (東屋)

薬味入れ (東屋)

各1,700円(税抜)


  • かけそばに欠かせない七味を入れて食卓へ。右から「1」、「2」

  • 入れるものは自由。七味や胡麻、ゆかりから、練り辛子や柚子胡椒まで。
    さじとのコーディネートも楽しいのです。下二つが「1」、上三つが「2」

  • ころんと背の低い「1」(左)と、すらっと背の高い「2」(右)。
    二つのかたちからお選びください

  • 左から「1」、「2」どちらも手のひらにのるような小ささ。
    しかし薬味を入れるには十分な大きさを備えています

  • 本体と蓋には、さじが入るように穴が空いています。
    持ち手が直径4mm程度までのさじであれば入ります

  • 底にはロゴが。左から製造を担当している「白岳窯(しらたけがま)」、
    デザインの猿山修氏、そして制作の東屋です

  • 左から同じシリーズの「醤油差し」、「お酢入れ」、そして「薬味入れ」の「1」、「2」です

 

東屋の「醤油差し・お酢入れ」のシリーズに、「薬味入れ」が加わりました。
横に広がりのある「1」と、縦長で口径も狭い「2」の二つのかたち。
本体と蓋を縁取るラインが
シャープな陰影を描くところは「醤油差し・お酢入れ」と同じなのですが、
注ぎ口がなくなった分、よりすっきりとした印象です。

長崎県波佐見町の「白岳窯(しらたけがま)」でつくられた
白磁の潔い白は、食卓の上の景色を引き締めます。
軽く、小さく、ころんと手のひらに収まって、つい触って愛でたくなります。
よく見ると、繊細で小さなつまみにも一筋のラインが縁取りされています。

さじを入れたままにできる小さな穴が開いており、実用性も抜群。
竹製のさじはもちろん、真鍮などの金属のさじも似合うので、
さじとのコーディネートを楽しむのも一興です。

七味、柚子胡椒、岩塩やハーブソルトなど、
食卓で必須の調味料を、お気に入りの容器で。
練り辛子などペースト状になったものを入れてもいいですね。
醤油差し・お酢入れ」とお揃いで並べれば、
食卓の片隅に凛とした空気が生まれます。
小さいながら、ぴりりと存在感のある薬味入れです。


  • 材質
  • 磁器(天草陶石/石灰釉)
  • サイズ
  • 1:約φ65×H55mm
    2:約φ60×H65mm
  • 容量
  • 1、2:約70ml(満水)/約56ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 重量
  • 1:約75g
    2:約65g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:○
東屋について
 

東屋ロゴ

日本の素材を扱う、熟練の日本の職人とともに、「使い手」の立場に立った暮らしの道具をつくり出し、発信し続けている東屋。一切の妥協を許さない、東屋ブランドの道具たちは「大事に使えば、千年だってもつ道具」なのです。

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
  • 販売価格: 1,700 円(税抜)
    (税込1,870 円)
  • ポイント: 37ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • まれに小さな黒点が見られることがありますが、釉薬もしくは陶石の成分であり、製品仕様です

  • 底部分などに釉薬の凹凸が見られる場合があります

  • その他のご注意
    >> 蓋の底と本体の底のみ釉薬がかかっていません。
    >> エッジ(角)の部分は釉薬のかかりが薄く、若干色が薄くなっている場合があります。
    >> まれに底部分や蓋と本体の合わせ部分がわずかにがたつく場合もあります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱説明書をよく読んでからお使いください。
ご利用ガイド