七右エ門窯

七右エ門窯ロゴ

平清水焼の窯元「七右エ門窯」。
平清水焼とは、聞き慣れない名前と思う人もいるかもしれません。
山形市の南東、千歳山の麓でつくられる陶器と磁器で、
200年以上の歴史があります。
陶器、磁器それぞれの成分となる土が採れたため、
両方がつくられてきたそうで、
白化粧をかけたやわらかな質感の陶器や、
鉄分を多く含む土を活かした表現が特徴です。

「七右エ門窯」はその平清水焼で現在も残る三つの窯元の一つ。
鉄分の多い原土の風合いを活かし、素朴な風合いの
花瓶やお皿、湯のみなどの、普段使いの食器類を中心に生産しています。

おすすめ商品を見る