高澤ろうそく

高澤ろうそく

明治25年創業。石川県の稀少伝統工芸品の一つである、
七尾和ろうそくの老舗です。
創業当初は、県内各地にあった和ろうそく店も電灯の普及と共に姿を消し、
現在、石川県内で和ろうそくをつくっているのは「高澤ろうそく」1軒のみ。
櫨(はぜ)や米ぬか、菜種、椰子(やし)の油、
芯には和紙と、イグサの表皮を取った中のスポンジ状の部分である灯芯草を使うなど、
植物性由来の素材を用いて和ろうそく製造を続けています。
一つ一つ手作業でつくられている和ろうそくは、
炎が大きく、煤が出にくいためほとんど汚れがつかないと日常使いでも親しまれているそう。
天然素材が生むあたたかな炎が、心も体も癒してくれます。

おすすめ商品を見る