システムメンテナンスと配送休業のお知らせ

ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)


  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    やわらかく温かいヤクの毛だけを使い、ふっくらと編み上げたストール。大判なので、広げると肩から背中まですっぽり包み込んでくれます。「グレー」を使用

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    たっぷりとしたボリュームがあるので、首元に巻けば、寒い時季にもしっかり首をカバーしてくれて温かです。「ブラウン」を使用

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    170×70cmほどの大判なので、ひざかけとしてもちょうどいい大きさ。「ダークブラウン」を使用

    m1
  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    ふんわり軽くて、もっちりとした手触りのヤクの毛を使用しています。さらに、染色をせずに使っているので、繊維本来のやわらかさがそのまま残っています。写真は「グレー」

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    3色から選べます。いずれも、染色をしていないヤクの毛そのままの色です。左から「グレー」、「ブラウン」、「ダークブラウン」

大判なのにふんわり軽くて、もっちりやわらかな手触り。
モンゴルのヤクの毛を使った「ヤク100%の大判ストール」は
静岡県を拠点とするニットブランド「アンドウール/AND WOOL」のもの。

標高の高い地域に生息するヤクの毛は
しっかりと保温性があってウールより軽いのが特徴。
中でもこのストールに使われている毛は、
モンゴルの遊牧民が、繊維を傷つけないようバリカンやはさみを使わず、
ブラッシングにより採取したものを、特別に分けていただいたのだそう。

その貴重な素材をストールに仕上げるのは「ニット工房ライク」。
同じく静岡県を拠点にしょうがい者の雇用創出に取り組むNPO法人で、
「AND WOOL」の制作を請け負っています。

職人の手で編み機を動かしながら
ゆっくり編み上げられたストールは、ふっくらと空気を含んで軽やか。
膝の上にのせるとじんわり温まる感触は、まるで子猫が膝の上で昼寝をしているよう。

色はヤクの毛の自然な色合いをそのまま活かして無染色。
「グレー」、「ブラウン」、「ダークブラウン」の3色展開です。
少しベージュを帯びた「グレー」は顔まわりを明るくしてくれる色。
光が当たるとワントーン明るく見える「ブラウン」はやさしく、何にでも合わせやすい色。
「ダークブラウン」は引き締め色に。
いずれの色も染色の過程を経ないため、繊維本来のやわらかさがそのまま残っています。

大判だから、肩に羽織っても、膝かけとしても。
縦に半分に折っても使える長さがあるので
首周りにくるりと巻けば、たっぷりしたボリュームで寒さから守ってくれます。
首からシュッと垂らしてコートの前合わせから覗かせてもかっこいいですね。

肩の凝らない軽さと、持ち運びしやすい薄さで
寒い季節は家の中でも外でも大活躍してくれそう。
ほつれたり、引っかけたりしてしまっても、
お直しも受けつけてくれるので、ずっと使える安心感もあります。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    身長161cmのスタッフが羽織ったところ。肩から腰まで覆う大きさです

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    170×70cmほどの大判サイズです

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    端にはブランド名のタグが縫いつけられています

  • ヤク100%の大判ストール (アンドウール/AND WOOL)

    洗濯表示のタグが付属しています

  • 材質
  • 毛(ヤク)
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 約W170~175×H65~70cm
  • 重量
  • 約155~165g
  • 備考
  • 洗濯機:×(手洗い) 漂白剤:×
    自然乾燥:日陰での平干し タンブラー乾燥:×
    アイロン:○ ドライクリーニング:○(石油系のみ)
    ウェットクリーニング:△
  • 修理について
  • アンドウールでは、有償になりますが、お直しを行っています。
    ご希望の方は、同封の取り扱い説明書に記載の連絡先へ直接お問い合わせください。
アンドウール/AND WOOLについて

アンドウール/AND WOOL

1981年生まれの村松啓市(むらまつけいいち)さんがディレクターを務める、
ニットブランド「AND WOOL/アンドウール」。
文化服装学院ニットデザイン科を卒業後、
イタリアの高級糸メーカーである「リネアピウグループ」に
特待生として選ばれ留学した村松さんは、
帰国後、2004年からニットデザイナーとして活動を開始。
2011年には地元である静岡県島田市に拠点を移し、
2016年にアンドウールを立ち上げました。

アンドウールのユニークなところは、
ファッションアパレル業界の抱える深刻な「職人不足・後継者不足」への解決策として、
編み職人を育てる活動や、ワークショップなど編み物の楽しさを広める活動にも 力を注いでいるところ。
子育て中や病気などを理由に在宅での仕事を必要とする人や、就労支援事業所に製品づくりを発注する
「雇用創出プロジェクト」は、アンドウールのものづくりの特徴の一つとなっています。
プロ並みの技術を持つ人もいれば、そうでない人もいる中で、安定して高品質を保つため、
仕組みやデザインをゼロから構築。
さらには適正価格で取引することで、
つくり手として継続して製作を続けることができる環境を整えています。

村松さんの心の風景にある、おじいちゃん、おばあちゃんが育てた野菜の味。
手編み機でニットが編まれ、ミシンで洋服が縫われていく光景。
もののつくられる過程が見えづらくなった現代でも、
1本の糸と想像力さえあれば無限にものをつくり出せるニット。
アンドウールは、そんなニットを中心に、使う人にとっても、つくる人にとっても心地よく、
価値を実感できるものを提案してくれるブランドです。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと
  • >> ヤクの毛を無染色で使い、1点1点手仕事でつくられています。サイズやかたち、色、表情などには個体差があります。
    >> 糸が出ていたり、ほつれがある場合もあります。無理に引っ張らないようにしてください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱説明書をよく読んでからお使いください。
    >> デリケートな素材のため、着用時の引っかかりにご注意ください。もし引っかかってしまったときは、かぎ針や太い針などで、引っかかってしまった箇所を生地の中に入れ込んでください。
    >> 洗濯は、長くいい状態を保つため、クリーニングに出すことをおすすめしています。ご家庭で洗う場合は、中性洗剤を使用し、押し洗いか、洗濯機に「おしゃれ着洗い」等の機能がある場合は、ネットに入れて洗ってください。
    >> ご家庭で洗う場合は、単品で洗い、長時間水に浸したままにしないようにしてください。
    >> 素材の特性上、洗濯をすると多少伸び縮みしますのでご了承ください。
    >> 洗濯後は、軽く脱水をした後に日陰で平干ししてください。吊るして干して丈が長く伸びてしまった場合は、伸びてしまった方向と垂直方向に軽く引っ張ると、ある程度寸法が戻ります。
    >> 乾燥機は使用しないでください。
    >> アイロンをかける場合は、直接アイロンを当てずに、少し浮かしてスチームをかけてください。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける