システムメンテナンスと配送休業のお知らせ

白竹 菜摘みかご


  • 白竹 菜摘みかご

    楕円形のかごに控え目な持ち手がついた、名前と同じくかわいらしい佇まいの「菜摘かご」。季節の枝ものやドライフラワーなどを入れて、飾るのも素敵です

  • 白竹 菜摘みかご

    適度な深さと、大きさのおかげで収納力も抜群。コーヒーやお茶のアイテムをまとめておくのにもおすすめです

  • 白竹 菜摘みかご

    丸みのある部分は、六角形が連なるように編み上がる「六つ目編み」(左)。前面や底面は六つ目編みを基本に、さらにひごが渡された「差し六つ目編み」で仕上げられています(右)

    m1
  • 白竹 菜摘みかご

    アーチ状に控え目な持ち手がついています。持ち手の頂点は、籐の蔓が巻きつけられて補強されています

  • 白竹 菜摘みかご

    持ち手と側面を留める結び目などには籐が使われています。細かなディテールまで愛らしく、こだわりが感じられます

  • 白竹 菜摘みかご

    持ち手がついていますが高さが低めなので、棚の中にも収まりやすいです

「菜摘みかご」とはかわいらしい名前。
楕円形のころりとしたかたち。
短めの持ち手を腕にかけては、
野に出て花を摘みたくなるようなかごです。

日本で二つしかない竹細工の訓練校の一つがある
大分の別府市でつくられる「白竹 菜摘みかご」は
国の指定する伝統的工芸品である「別府竹細工」です。

素材となる白竹は、地元の真竹を晒したもので、
丈夫で虫がつきにくい特徴があります。

かわいらしいかたちに目を奪われがちですが、
編み目も美しいのがこのかごの特徴。
丸みのある部分は、六角形が連なるように編み上がる「六つ目編み」。
前面や底面は六つ目編みを基本に、さらにひごが渡されて頑丈になった
「差し六つ目編み」で仕上げられています。

底面には縦横に計5本の力竹が差し込まれて、強度も加わるので、
少し重さのある中身でも大丈夫。

野菜やフルーツの収納かごとして。
鍋敷やコースターをまとめたり、急須と湯呑みにお茶筒と
お茶のセット2人分ほどをまとめておくのにもほどいい大きさ。

持ち手が短めなので、棚の中にも収まりやすく、見せる収納の爽やかな脇役になってくれます。
ときにはお気に入りの一輪挿しにお花をいけて飾るのもいいですね。

持ち手と側面を留める籐の結び目など、細かなディテールまで愛らしいから、
収納道具としてだけでなく、インテリアとしても楽しみたくなるかごなのです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 白竹 菜摘みかご

    真上から見た様子。かたちは楕円形で、中央に持ち手がついています

  • 白竹 菜摘みかご

    底面は、合計5本の力竹(ちからだけ)で補強されています。補強はされていますが、中に物を入れて持ち運びをする際は、底面を支えながら持ち運びをするようにしてください

  • 白竹 菜摘みかご

    真横から見たところ。構造上、底面は若干たわんでいるのがわかります

  • 白竹 菜摘みかご

    縁部分は竹を何重にも重ねていることで強度があり、籐の蔓で留められています

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 白竹 菜摘みかご

    自然素材を用いて手作業でつくられているため、かたちのゆがみや、色やサイズには個体差が見られます

  • 白竹 菜摘みかご

    シミのような黒い箇所が見られる場合がありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 白竹 菜摘みかご

    ささくれや割れが見られることがありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 白竹 菜摘みかご

    ささくれや割れが見られることがありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • その他のご注意
    >> 竹を曲げている部分や底面を中心に、わずかなたわみが見られることがあります。製品仕様になりますので、ご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 持ち運びをする際は、底面を支えながら持ち運びをするようにしてください。
    >> 竹の繊維は水分を吸収しやすく、濡れた状態が続くとカビの発生などの原因になります。長時間水に触れる使い方は控えてください。
    >> 洗う際はたわしやスポンジをご使用ください。食器用洗剤をお使いいただいても構いません。その際にはしっかり水ですすいでください。
    >> 洗った後は水をしっかりと拭き取り、日陰の風通しのいいところで乾燥させ、通気性のいい場所で保管してください。
    >> 直射日光のあたる場所や乾燥の著しい場所でのご使用はお避けください。反りや割れにつながることがあります。
    >> 黒ずみやカビが発生した場合は、紙やすりなどで削り、消毒用アルコールで拭くことで改善されます。完全に取り除くことは困難です。
    >> 竹は糖分を含んでいるため、虫が発生することがあります。素材の内部に潜んでいる虫は事前の発見が困難で、虫の発生によって小さな穴から白い粉が出る場合もあります。自然素材の風合いを大切にしていることから、殺虫剤などを使用しておりませんので確実に防ぐことが難しい状況です。万一、商品に白い粉や虫が発生した場合は、熱湯(60℃以上)を該当部分にかけて熱処理ししっかりと乾かせば、通常通りお使いいただけます。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。予めご了承ください。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける