おてがる薬味トング (コンテ/conte) | cotogotoスタッフの愛用品じまん | cotogoto コトゴト
「文化鍋」ご購入で「落とし蓋」をプレゼント!
シェアする:
シェアする:

cotogotoスタッフの愛用品じまん cotogotoスタッフの愛用品じまん

スタッフが日々愛用している道具への愛を、
独断と偏見を交えながらご紹介!


おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

2022年12月公開


おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

おてがる薬味トング (コンテ/conte)


こんにちは、cotogotoのチエです。
店舗スタッフの傍ら、オンラインショップの撮影の際に
料理やスタイリングを担当するフードコーディネーターも務めています。
新商品撮影で知った「コンテ/conte」の「おてがる薬味トング」。
「これは使える!」と直感して、その場で購入を決めました。
私の手に馴染んだのは小さい方の「130」で、
以来、撮影にも、家でのご飯やお菓子づくりにも活躍してくれています。

  1. 好きなところ その1
    まさに手の延長線のように、やさしく掴める

    おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

    ▲やわらかいパウンドケーキも、やさしく掴めるから、潰れたりトングの跡がつかず、きれいに器に盛りつけることができます

    まず、トングと言いながら、
    一般的なトングとは全く違う使用感なのに驚きました。
    この「おてがる薬味トング」は
    手元の折り返し部分が絶妙なバネの役割をしてくれて、
    軽く掴んだだけで指先の感覚が先端部分にしっかり伝わるんです。
    絶妙な力加減ができるようになって、焼き魚も身を崩さずに掴めます。
    他にも長いスプーンのような先端がゆるいカーブでやさしく挟み込むので、
    潰れやすく、手で掴んでいたパウンドケーキやゆで卵も難なく移動でき、
    扱う度に手を洗う手間も省けるようになりました。

    おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

    ▲トングの先端は尖っていませんが、その分薄手につくられているので食材の下にすっと入り込み、生ハムなど薄切り肉も1枚ずつはがしやすくなっています

    手の感覚が繊細に伝わって、トングを指のように扱えるので
    生ハムを一枚一枚めくるのもペローっときれいにできますし、
    お漬物を並べたり、カルパッチョの繊細な盛りつけも楽になりました。
    サラダの盛りつけも、これがあるとナッツ類、
    ハムやベビーリーフ類をバランスよく細やかに散らせますね。
    ミントやいちごを添えたり、といった
    ケーキの繊細なデコレーションにも活躍しそうです。

    この「おてがる薬味トング」が我が家にやってきて、
    食材を潰してしまったり、跡がついたり、崩してしまうといった
    今までのトングで感じていたストレスが無くなりました。
    お値段以上の使い心地と使い勝手です。

  2. 好きなところ その2
    口の狭い瓶にも入る、細身の先端

    おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

    ▲先端が細身なので、口の狭い瓶に入った食材も出し入れしやすいのです

    よくあるトングより一回りも二回りも小さくて、持ち手も先端も細身。
    だけど、使い勝手はむしろ高まった気がします。
    例えば、ピクルスなど瓶詰めの食材を取り出すとき。
    細身なので口の狭い瓶でも問題なく入って、中で食材をつまむ動作もスムーズ。
    菜箸は食材が滑って上手く取れなかったり、
    スプーンだとどうしても傾けることになり、
    液体がこぼれたりしていたのですけど、
    この「おてがる薬味トング」に変えてそんなストレスが一切なくなりましたね。
    先端のカーブがあるので、液体も多少すくえるのも便利です。

  3. 好きなところ その3
    コンパクトだからこそ、いつでも頼れる存在に

    おてがる薬味トング (コンテ/conte)日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto (コトゴト)

    ▲たくさんの道具が吊り下がっている隙間にも、
    すっと入り込んで、ぴたっと納まってくれるコンパクトさがうれしいところ

    我が家の台所では、よく使う道具は
    すぐに手の届く所に出しておくことが多いです。
    お玉、鍋敷、ざる、おろし、そしてスライサーなども
    壁沿いに渡した棒にかけて収納していますが、
    この「おてがる薬味トング」も同じく。
    熱湯であたためたレトルトパウチを掴むのに
    かけておいたトングをさっと取り出したり。
    近くにあると便利なんです。
    一般的なトングは、特に開いているとき
    キッチンで幅を取って置き場所に困ることも多いですよね。
    この「おてがる薬味トング」はとにかくコンパクトだから、
    たくさん調理道具がかかっている隙間にすっと入り込んで、
    ぴったり収まってくれたんです。

    調理中でも小皿の上に置いておけて邪魔にならないし、
    菜箸のように転がってしまうこともなく、
    置くときに気をつかわなくていいんです。
    食卓での取り分け用にも、かさばらず重宝しています。
    見た目がスッキリしているので、お客様が来たときにもいいですね。

    この「おてがる薬味トング」が
    いつでも手の届くところにいてくれるようになって、
    今まで「大雑把でいいや!」と流していた色々を
    苦にすることなく、丁寧にできるようになった気がします。
    スライスベーコンや豚バラ肉を1枚ずつはがしたり、
    朝グリルしているソーセージをひっくり返すとき。
    料理の盛りつけやお茶菓子を並べたりするときも、
    菜箸の代わりなのだけど、菜箸以上に安定して使える気がします。

    私は手の大きさに合わせて小さい方の「130」を購入しましたが、
    一回り大きい「150」もあります。
    手にしたときの収まりのよさだけではなく、
    扱いたい瓶の深さなど、それぞれの目的に応じて
    しっくりくる方を選ぶのもいいですね。
    料理やお菓子づくりのプチストレスがきれいになくなって
    これからも台所周りの仕事を楽しくできそうです。


おてがる薬味トング (コンテ/conte)


シェアする: