「密封びん」2点以上で10%off!

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    2,750円
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    富士山 2,750円
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    木瓜 2,750円
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    2,750円
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    2,750円
  • くるみの豆皿 (工房えらむ)
    亀甲 2,750円

カートに追加されました

カートを見る

  • 配送について

    • 税込1万円以上のご注文で送料無料
    • 10時までのご注文で通常即日発送
      ※受注生産商品除く
  • ギフトラッピングについて

    この商品はラッピング可能です

    チケットを購入

    ギフトラッピングは有料で承ります。ラッピングチケットをご購入ください。

商品について問い合わせる
【必ずお読みください】材の色味について

2023年7月の入荷分は、掲載写真に写っているものより色味が濃くなっています。
上記写真をご確認の上、ご購入いただきますよう、お願い申し上げます。
色味による返品・交換は承りかねますのでご了承ください。

くるみの豆皿 (工房えらむ)


 

木の器では、珍しいかもしれません。
富士山、梅、松など和のモチーフをかたどった豆皿6枚。
兵庫県を拠点とする「工房えらむ」にて、ひとつひとつ手仕事でつくられています。

くるみの木をくり抜いてつくられた「刳(く)りもの」ですが、
縁はしっかり薄手の仕上がりで、手に取っても軽やかです。
くるみの木独特の風合いを持つ器からは、
なんだか香ばしい香りがしてきそうなほど。
細かな点々が木目に混ざるのも、またくるみの特徴。
どれひとつとして同じでない、
くるみならではの表情の幅広さも、魅力のひとつかもしれません。

オイル仕上げだから、食品を直接のせても大丈夫。
おひたしや漬物、薬味にナッツやフルーツ、
おまんじゅうやクッキー、チョコレートなどまで、
合わせるものを選びません。

茶托にしても素敵。
白磁の蕎麦猪口、陶器の湯のみ、ガラスのコップなどをのせて。
温かい木の質感と異素材の組み合わせを楽しめます。
インテリアにもすっと馴染むから、小物入れなどにもおすすめです。

縁起物のモチーフでもありますので、
家族みんなで食卓を囲む祝いの席にも、ぜひどうぞ。
お気に入りのかたちを選びながら、自然と笑顔がこぼれそうです。
 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「松」。横長で、6種の中では1番小ぶりです。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「富士山」。木目の入り方によっては、雲海や雪を抱いた姿に見えることも。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「木瓜(もっこう)」。家紋などで使われる「木瓜紋」のかたち。四弁の花のようにも見えます。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「桃」。円に近いかたちで、一番ものをのせる面積が広いのはこの柄です。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「梅」。五弁の花びらのかたちが異なるのは、手仕事ならではの味わい。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    「亀甲」。6種の中で唯一直線的な柄ですが、角張りすぎないやさしい印象です。

  • くるみの豆皿 (工房えらむ)

    裏側は、高台などはなく、平面になっています。

  • 材質
  • くるみ(オイル仕上げ)
  • サイズ
  • 松:約W100×D75×H15mm
    富士山:約W100×D75×H15mm
    木瓜:約W100×D90×H15mm
    桃:約W95×D100×H15mm
    梅:約W95×D95×H15mm
    亀甲:約W95×D85×H15mm
  • 重量
  • 約15~25g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
工房えらむ について
 

兵庫県小野市を拠点に、自然素材を使ったものづくりを夫婦で営む工房えらむ。
木の器を担当するのは、木工作家の田中陽三さん。
1987年、自然素材を使ったものづくりで生活することを目指し、サラリーマン生活の傍ら木工をはじめました。
2007年に同県小野市郊外に廃材を使った工房の建設を始め、 その5年後、ついに木の器づくりを専業とします。
栗・栃(とち)・欅(けやき)などの木を、手で彫りくり抜いていく「刳りもの」という技法で、 器・盆・トレー・カトラリー・飾台などを製作しています。
木の個性を生かした、気軽に使える器が魅力です。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 木は自然のものです。ひとつひとつ木肌の風合いが異なります。木の節があったり、色が均一でない場合もあります。色が濃いものもあれば、薄いものもあります。木の個性ととらえ、一期一会をお楽しみください。
    >> 天然の素材を使い、ひとつひとつ手仕事でつくられているため、サイズやかたちに多少の違いがあります。また、底部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> 使い始めは木のにおいがありますが、使っていくうちに薄れていきます。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【ご使用上の注意】
    >> お手入れは、ぬるま湯だけか少量の洗剤を使用し、柔らかい布やスポンジなどで洗ってください。
    >> オーブン、電子レンジ、食器洗浄機のご使用や、長時間のつけ置きは避けてください。洗った後の水分はきちんと拭き取り、しっかりと自然乾燥させてください。水分が残っているとカビなどの原因となります。
    >> あまりしまい込まず、風通しのいいところでの保管をおすすめします。
    >> 暖房やエアコンの送風が直接あたる場所での保管は、割れなどの原因になりますのでご注意下さい。
    >> 木肌は呼吸しています。ご使用の環境により反ることもありますが、天然のものとしてご理解ください。
    >> 木が乾燥して白くかさついてきたら、くるみ油やオリーブ油など植物性の油をたっぷり縫って、余分な油をキッチンペーパーなどで拭き取り、一晩置いてください。生地が保護され、汚れなどが染み込みにくくなります。
    >> 色の濃い料理や油料理に使用すると、色やにおいが移ったり、染みになる場合があります。オイルでのお手入れを行うことで抑えることは可能ですが、使うたびに色が染み込み、深みを増していく姿こそ、木特有の魅力ととらえてお付き合いください。