鈴竹 楕円おしぼりざる


  • 細い鈴竹の中でも強くてしなやかと言われる、岩手県一戸郡二戸町鳥越地区で採取される鈴竹を使った
    「鈴竹 楕円おしぼりざる」。おしぼり1本がきれいに収まるサイズです

  • 時には器として使っても。通気性のいい竹ざるだから、炊き立てごはんで握ったおむすびもべちゃっとしません

  • 懐紙を敷けば、おもてなしの菓子皿に。竹のやわらかい存在感がテーブルのアクセントになります

  • 両脇についた取っ手は、吊るすときにも重宝します。コンパクトなので、2~3個重ねても場所を取りません

  • 両脇に取っ手がついた楕円形です

  • 「ござ編み」と呼ばれる編み方で、きっちり目を詰めて編まれているから丈夫です

  • しなやかな鈴竹ならではの、やわらかく心地い手触りです

 

ころころと可愛い「鈴竹 楕円おしぼりざる」は、
岩手県一戸郡二戸町鳥越地区で採取される鈴竹を使って
地域の人々によって編まれているもの。

籠やザルが好きな人にはたまらないこのサイズ感は、
竹や樹皮、蔓などを縦横に編み込むことでつくられる編組品(へんそひん)としては
一番小さな部類に入ります。
細さで知られる篠竹よりも細くて、
特に強くてしなやかと言われる鳥越地区の鈴竹をだからこそ、の大きさなのです。

ウェットティシュなどが普及した今、タオルや布を使うことは減りましたが、
誰かの家に招かれて、きゅっと絞ったおしぼりが出されるのはうれしいもの。
手先だけではなく、気持ちもどこか清々しくなるから不思議です。

おもてなしにおしぼりざるとして……はもちろんなのですが、
時には器としても使いたくなるサイズとかたち。
懐紙をひいてあられやお饅頭を。
軽食の一口サイズのおむすびをのせても素敵です。

陶器やガラスといった硬質な素材に混じって、
竹のやわらかい存在感はテーブルのアクセントになります。
気軽に取り入れられるサイズなのも、いいところ。

両脇には取っ手がついているから、吊るして収納もできます。
壁にランダムに並ぶ様子が、また可愛いのです。

鈴竹細工は、竹の採取から、細く割いて削りひごにする作業、
そして編んで仕上げるところまで、すべて手作業で手間暇かけてつくられます。
最近では、素材である鈴竹自体が入手困難になりつつあるのだとか。
大切な資源を活用した「鈴竹 楕円おしぼりざる」。
大切に、長く使っていきたいものです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 竹のつやつやとした表皮は表側、裏側は竹の内側がくるように編まれています

  • 真横から見たところ。ほんのり縁が立ち上がっています。
    1点1点手作業でつくられているため、ざるの深さやカーブの角度には個体差があります

  • 1点1点手作業でつくられているため、かたちや色、サイズにはかなり個体差があります

  • 材質
  • 鈴竹
  • サイズ
  • 約W158~168×D100~115×H20~30mm
    ※サイズは1cm前後の個体差がある場合があります。
  • 重量
  • 約25g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
  • 鈴竹 楕円おしぼりざる

価格: 1,760
(税抜価格 1,600 円)

35ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

売り切れ

再入荷のお知らせを受け取る

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 天然素材を用いて手作業でつくられているため、かたちのゆがみ、色やサイズにはかなりの個体差があります

  • 天然素材を用いて手作業でつくられているため、かたちや色、サイズにはかなりの個体差があります。ゆがみなども見られます

  • 竹を曲げている部分や底面を中心に、ささくれが見られます

  • 竹を曲げている部分や底面を中心に、ささくれが見られます

  • 竹を曲げている部分や底面を中心に、ささくれが見られます

  • 底の裏側のひごは、竹の内側が来るように編まれています。ひごにする際の削り跡ががたがたしている場合があります

  • 黒点や節、斑点等がありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 竹を曲げている部分や底面を中心に、割れが見られることがありますが、製品仕様になります

  • その他のご注意
    >> 竹を曲げている部分や底面を中心に、たわみや割れが見られることがあります。
    >> 竹の表面が剥がれた箇所がありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。予めご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 洗う際はスポンジをご使用ください。食器用洗剤をお使いいただいても構いません。その際にはしっかり洗い流してください。
    >> 竹の繊維は水分を吸収しやすく、ぬれた状態が続くとカビの発生などの原因になります。長時間水に触れる使い方は控えてください。
    >> 洗ったあとは水をしっかりと拭き取り、日陰の風通しのいいところで乾燥させてください。通気性のいい場所で保管してください。
    >> 直射日光のあたる場所や乾燥の著しい場所でのご使用はお避けください。反りや割れにつながることがあります。
    >> 竹は糖分を含んでいるため、虫が発生することがあります。素材の内部に潜んでいる虫は事前の発見が困難で、虫の発生によって小さな穴から白い粉が出る場合もあります。自然素材の風合いを大切にしていることから、殺虫剤などを使用しておりませんので確実に防ぐことが難しい状況です。万一、商品に白い粉や虫が発生した場合は、熱湯(60℃以上)を該当部分にかけて熱処理ししっかりと乾かせば、通常通りお使いいただけます。
     

おすすめ商品を見る