しめかざり


  • 稲わらのみのシンプルなデザインだから、現代の空間にもすんなりと馴染むしめ飾り。リースのようなかたちの「円満」は、ボリュームがあるので玄関にぴったり。稲穂がたっぷりと添えられた、豊かさを願うデザインです

  • 「祝亀」は、コンパクトでリビングなどに置いて飾りやすいかたち。長寿や繁栄を願う亀をかたどっており、甲羅にふっさりとついた稲穂は、長生きの亀の甲羅に海藻がついてたっぷり育った様子をモチーフにしています

  • 三つの輪にタッセルのように切り揃えられたわらが二束下がった「瑞」。魔除けなどの意味を持つ装飾結びです。コンパクトでキッチンなど狭い場所にも飾りやすいデザインです

  • 稲わらは、大相撲の土俵づくりにも使われる縁起のいい品種を使用し、丁寧にしっかりとなわれています。「青刈り(あおがり)」と呼ばれる、お米が実る前に収穫した青々としたわらを使っており、だんだんと落ち着いた色に変化していく様を楽しめます

  • 左から、「瑞」、「祝亀」、「円満」。飾る場所やお好みのデザインでお選びください

年の瀬が近づくと見かけるようになる、しめ飾り。
どれも装飾が多くてどうもピンと来るものがない、という方に朗報です。
現代の空間にも馴染むシンプルなデザインの
「しめかざり」3種が届きました。

タッセルのように切り揃えられたわらが二束下がった「瑞(ずい)」。
飾り結びの代表格とも呼ばれ、
国技館の土俵の吊り屋根にも見られる 「総角(あげまき)結び」と呼ばれる結び方です。
神様のご加護を願う護符や魔除けの意味があり、
台所、洗面所など水回りにも飾りやすいコンパクトなサイズです。

「祝亀(いわいがめ)」は、長寿や繁栄の象徴とされる亀の置き飾り。
亀の甲羅から稲穂がふっさりと尻尾のようにたなびいています。
こちら、甲羅に海藻がついてたっぷり育つほど長生きの亀がモチーフだそうです。
「蓑亀(みのがめ)」と呼ばれ、恒久性を象徴しています。
置き物としても楽しめますが、
紐をつければ、壁にかけることも。
年中飾っておきやすいデザインです。

リースのような「円満(えんまん)」は、
ギュギュッとねじり上げられたわらでできています。
切り揃えられたわらの根元部分も、
勢い残る細い先端も、しめ縄でまとめられ、
稲穂が添えられています。
豊穣、健康、家内安全、商売繁盛など、
繁栄や発展を願うお飾り。
大きいので玄関の扉にかけても、堂々とした佇まいです。
お好みで植物などの装飾を加えて飾っていただくのも素敵です。

長野県南部のつくり手に、稲の栽培から製造まで一貫してお願いしています。
稲わらは、大相撲の土俵づくりにも使われる縁起のいい品種を使っています。
しめ飾りには、お米を収穫した後のわらが使われるところもありますが、
こちらの「しめかざり」には、「青刈り(あおがり)」と呼ばれる、
お米が実る前に収穫したものを使っています。
青々としていて、だんだんと落ち着いた色に変化していく様を楽しめます。
どれも丁寧にしっかりとなわれています。

しめ飾りのある場所には神様が訪れるといわれ、結界や神域も表します。
お正月の間、家に不浄のものが入らないよう玄関に飾ったり、
神棚の側や、火の神様の入り口である台所にも。
生活空間に馴染みやすい素材ですので、
リビングや寝室の壁などにさりげなく飾るのもいいです。
稲の香りと存在が、清々しい空間をつくってくれます。

飾る時期についてですが、お正月飾りとして使うなら、
12月29日と31日は避けて30日までに飾りつけを済ませましょう。
飾り終わった後には、1月15日頃に神社などで行われる、
正月飾りを焚き上げる行事である「どんど焼き」に持参するのが一般的な習わしです。
シンプルな佇まいなので、お正月を過ぎた後も、そのままインテリアとして
一年を通して飾って楽しむのもおすすめです。

飾る場所や期間など、風習には地域差もあり、
全国的なこれといった決まりはないようです。
決まりやいわれにとらわれず、気に入ったものからまず一つ。
今までお家に似合うしめ飾りが見つからなかった、という方にも、
はじめてのしめ飾りとしておすすめです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 「瑞」を正面から見たところ。上、左右が輪っか状になっており、その下にはタッセルのようなわらが二束垂れ下がっています

  • 「瑞」を裏側から見たところ。中央の結び目についた白い紐や、上の輪っかをフックなどに引っかけて飾ることができます

  • 「瑞」は自立させることもできます

  • 「祝亀」を上から見たところ

  • 「祝亀」を裏側から見たところ。紐はついていません

  • 「祝亀」を横から見たところ

  • 「円満」を正面から見たところ。中央上部についた紐で、フックなどに引っかけて飾ることができます

  • 「円満」を裏側から見たところ。正面と裏側でデザインが異なり、お好みで裏側を手前にして飾ることもできます

  • 材質
  • 稲わら
  • サイズ
  • 瑞:約W160×D45×H280mm
    祝亀:約W150×D53×H240mm
    円満:約W205×D100×H510mm(紐の先端から下までH330mm)
  • 重量
  • 瑞:約45g
    祝亀:約40g
    円満:約445g

細心の注意を払って丁寧に製作していますが、殺虫剤などを使っていない自然そのままの稲わらを使用しているため、虫が発生することがあります
ご理解のうえご購入ください。

  • しめかざり
  • しめかざり
  • しめかざり

価格: 3,850
(税抜価格 3,500 円)

77ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

アイテムを選ぶ
種類
瑞(ずい)/3,850円 カートにいれる
祝亀(いわいがめ)/4,400円 カートにいれる
円満(えんまん)/8,250円 カートにいれる

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください
【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 自然素材を用いて手作業でつくられているため、かたちのゆがみ、色やサイズの違い等があります

  • 茶色くなっている箇所が見られることがあります。これは自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 稲穂に、白や茶色になっている箇所が見られることがあります。これは自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 乾燥している稲わらは折れやすく、製造工程などで折れてしまうことがあります。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 飛び出ている箇所が見られることがあります。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 糸のほつれが見られることがあります。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 配送時の衝撃にできるだけ注意を払い丁寧に梱包してお届けしますが、お届け中に稲穂が落ちることがあります。ご了承ください。

  • その他のご注意
    >> 細心の注意を払って丁寧に製作していますが、殺虫剤などを使っていない自然そのままの稲わらを使用しているため、虫が発生することがあります。ご理解のうえご購入ください。
    >> 稲わらは最初は青みがかった色をしていますが、しだいに茶色に変化していきます。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> カビなどの防止のため、到着後は段ボール箱に閉まったままにせず、すぐに開封して取り出してください。
    >> ささくれや破片で体や衣類などを傷つけないようご注意ください。
    >> 雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。
    >> 保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、風通しのよい場所で保管するようにしてください。なるべく高い場所に置くといいです。日光に当てると変色が早まるのでご注意ください。
    >> ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。
    >> ご使用後は、神社に持参したり、ゴミとしても処理できます。ゴミ出しの場合は必ず各自治体のゴミ区分に従うようにお願いします。

おすすめ商品を見る

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける