そば皿 (大館工芸社)


  • 秋田杉のまっすぐで美しい柾目と、明るい木色が涼やかな印象の「そば皿」。簡素な印象になりがちなそばを引き立ててくれる佇まいです

  • 揚げ物を盛りつけても様になります。竹製のすだれは無塗装なので、敷紙を敷いてお使いください

  • 井桁とすだれを外した本体にお菓子を盛りつけて。上品な雰囲気はおもてなしの場にもぴったりです

  • 曲げわっぱの本体と竹製のすだれ、組み立て式の井桁がセットになっています

  • 曲げわっぱの本体には、秋田杉を使用。目が均一に詰まった美しい木目が特徴です

  • 曲げた側板は、桜の樹皮で縫い留められています。樹皮の濃茶がアクセントに

  • 底面の縁に溝があるため、スタッキングすることもできます

  • ざるそば1人前分を盛りつけることができます

 

美しい秋田杉の木目と、1300年ほどの歴史ある曲げわっぱの技を
気軽にいつもの食卓で愛でたい方にぴったりの「そば皿」。
秋田県大館市で半世紀ほども曲げわっぱをつくり続けている「大館工芸社」から届きました。

まず目に留まるのが、見惚れるほど美しいまっすぐな柾目(まさめ)の木目。
そしてきれいな円形に曲げられた側面は桜の樹皮で留められています。
その本体に組み立てた井桁(いげた)と、竹製のすだれをのせれば、
自宅でもお蕎麦屋さんの気分。
井桁もすだれもセットでついているから、
曲げわっぱの本体にぴたっときれいに収まります。
「そば皿」は、ざるそば1人前のサイズ。
家族分を食卓に並べて、冷たいそばを盛りつければ、
夏の暑さも忘れるくらい涼しげな印象の食卓を演出できます。

そばがメニューでなくたって、幅広く使えます。
天ぷらを盛ったら、一気に料亭のようなおもてなしの演出に。
井桁とすだれを外して、サラダ皿、フルーツの盛り皿として使っても。
サンドイッチや手毬寿司、おはぎに和菓子も美味しそうに収まります。
料理を盛りつける他にもミニお盆のようにして、
和菓子と冷茶をセットして楽しむのも素敵ですね。

もともとは、無塗装の杉板を使うのが大館の曲げわっぱですが、
現代生活での使い勝手を考えて、本体と井桁はウレタン塗装仕上げ。
そばから滴る水が染みになる心配もなく、器としても幅広く使うことができ、
使い終わったら洗剤で丸洗いできるのもうれしいところ。
すだれは無塗装なので、天ぷらなど油物を盛るときは敷紙を敷くとよさそうです。

お気に入りだから見せたいし、使いたい。
おもてなしから、普段使いまで
きっといろんなアイデアが湧いてきます。
いつもの食卓を、より心躍る場に演出してくれる「そば皿」です。
 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 曲げわっぱの本体にすだれ、井桁を置いて上から見たところ。すだれや井桁は本体にきれいに収まるサイズにつくられています

  • 本体に井桁をはめ込んだところ

  • 本体を上から見たところ。美しい秋田杉の柾目がよくわかります

  • 本体の底面には、ロゴマークなどはなくシンプルなつくりです

  • すだれの表面(左)と裏面(右)を見たところ。表面は平らな竹の青い面、裏面は白い面が使われています

  • 井桁は組み立て式。組み立てた状態(左)と分解した状態(右)を見たところ。4枚の長方形の板にある凹みを嚙合わせることで組み立てることができます

  • 本体を横から見たところ

  • 底面には溝があり、ここに本体の縁がはまって「そば皿」同士を重ねることができます

  • すだれの裏面の端には、ひごを縛っている糸の結び目があります

  • 井桁の先は、斜めに切り落とされています(左)。これは本体の丸い側面を傷つけずにはまるようになっています(右)

  • 材質
  • 本体:秋田杉(ウレタン塗装)
    すだれ:竹(無塗装)
    井桁:秋田杉(ウレタン塗装)
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 約Φ203mm×H47mm
  • 重量
  • 約157g(受けの器のみ:約86g)
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
大館工芸社について

秋田杉を使って曲物がつくられ始めたのは、1300年ほど前まで遡ると考えられています。
地域の産業として大館曲げわっぱがつくられ始めたのは17世紀後半。
当時の大館城代・佐竹西家が、杉の柾目板を割って曲げ物の器をつくり、
弁当として利用している木こりの姿を見て、
曲げわっぱの製作を命じることを思いついたのだとか。
もともと豊富な森林資源に恵まれたこの土地でつくられる曲げ物製品は、各地で重宝され、
お隣の青森県や岩手県はもちろん、水運を利用して関東地域まで運ばれたと言います。
1959年に設立された大館工芸社は、伝統工芸士5名を含む26名の職人で、
丸太の買い付けから製材、曲げ加工、桜皮縫い、底入れ、仕上げまで、
曲げわっぱの製作を一貫して行えるのが強みです。
伝統の美しいかたちを守りながら、現代の生活に寄り添うデザインも同時に追求します。

  • そば皿 (大館工芸社)

価格: 5,500
(税抜価格 5,000 円)

110ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

売り切れ

再入荷のお知らせを受け取る

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 製作上の小さな傷や凹凸が見られる場合があります

  • 削り跡がささくれのようになっていたり、一部竹が剥がれてしまっている場合があります

  • 削り跡がささくれのようになっている場合があります

  • すだれの表面には、竹が剥がれた箇所などがあります。これらは自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • すだれには竹ならではの節、ムラ、黒点や斑点等があります

  • 井桁の木肌には、うっすらと黒ずんでいる部分がある場合もあります

  • その他のご注意
    >> 天然の木材や竹材を使用しているため、一つ一つ木肌の風合いが異なります。木の節や色ムラ、濃淡、ささくれ、毛羽立ち、うっすらと黒ずんでいる部分などもあります。
    >> 手仕事でつくられているため、サイズ、かたち、容量に多少の違いがあります。また、底部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> 留め具に使われている桜の皮には、節による凹凸や色ムラがあることがあります。また、切り込み部分に細かな割れや、ささくれがある場合があります。
    >> 使いはじめはウレタン塗装特有のにおいがありますが、使っていくうちに和らいでいきます。においが気になったときは、箱から出し、風通しのいい場所に置くと気にならなくなります。
    >> 側面と底板の接着には、食品への間接的な使用の安全性が認められた接着剤を使用しています。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 付属の取扱説明書をよく読んでからお使いください。
    >> はじめて使用する際は、汚れやにおいが染み込むのを防ぐため、ぬるま湯に数回通してから、風通しのいいところで乾かしてください。
    >> 本体と井桁はウレタン塗装が施されているので、使用後は中性洗剤とスポンジで汚れを落としてください。クレンザー、漂白剤、タワシ、かたいスポンジは使用しないでください。すだれは竹材の無塗装なので、ぬれた状態が続くとカビが発生してしまう場合があります。長時間水に触れる使い方は控えてください。洗ったあとは水をしっかりと拭き取り、日陰の風通しのいいところで乾燥させてください。

おすすめ商品を見る

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける