配送休業のお知らせ / 再入荷お知らせ誤送信について

白竹 楕円かごトレイ 


  • 白竹 楕円かごトレイ

    「白竹」を編んでつくられた、丸みのあるかわいらしい佇まいの楕円型の持ち手つきかごトレイ。テーブルのお菓子や果物置き場としておすすめです

  • 白竹 楕円かごトレイ

    トレイとしてもかご収納としても活躍してくれるかごトレイ。朝食セットやお茶セットを収納しておけば、準備の手間も省けます

  • 白竹 楕円かごトレイ

    アクセサリー類や小物など、日常使いする物を置いておくトレイとして。落ち着きのある素敵な佇まいです

  • 白竹 楕円かごトレイ

    朝食時にはパンざるとしても活躍してくれます

  • 白竹 楕円かごトレイ

    持ち手がシンプルな形状のトレイのアクセントになっています

  • 白竹 楕円かごトレイ

    コンパクトなサイズ感なので、持ち運びしやすく、棚に収納しやすいです

白竹の清々しい姿を活かした「白竹 楕円かごトレイ 」。

竹細工の盛んな大分県別府で採れた竹を用い、
別府の職人の手によりつくられている、
国の伝統的工芸品である「別府竹細工」です。

青い真竹を煮たり天日干したりして油分や水分を抜くことで
色をさらした白竹は、よりかたく締まるだけでなく
虫の被害にもあいにくくなるのだそう。

「白竹 楕円かごトレイ」はその白竹を六つ目編みで編み上げ、
底面には補強の力竹が入ったデザイン。
楕円形のトレイにちょこんと取っ手が両脇につくことで、
和洋の空間を選ばない、汎用性も備わりました。

焼きたてパンにジャム、バター、そしてコーヒを添えたら、
爽やかな目覚めを助けるモーニングプレートのでき上がり。

茶筒と急須に湯呑み、お饅頭ものせて、ほっと一息の休憩タイムにも。
テーブル上で、果物やお菓子をまとめておくのもいいですね。

金平糖の入ったガラスのいれもの、
きれいなアロマミストの容器など、
眺めるだけで楽しくなる小物をまとめたり。

一輪挿しやお猪口など、小さなお気に入りを
棚の中で見せながら収納しておくのにも。

白竹の爽やかさにこのデザインが合わさることで、
現代の住空間に馴染むインテリアになりました。
トレイごと持ち運べるので、
好きな場所でその姿も中身も楽しめるのがうれしいです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 白竹 楕円かごトレイ

    真上から見た様子。底面は力竹(ちからだけ)で補強されているので、重さのあるものを入れてもたわみにくくなっています

  • 白竹 楕円かごトレイ

    横から見た様子。竹の縁は籐で留められています

  • 白竹 楕円かごトレイ

    補強用の「力竹」は、「六つ目編み」で竹ひごを交差することでしっかりと固定されています

  • 白竹 楕円かごトレイ

    縁部分は竹を何重にも重ねていることで強度があります

  • 白竹 楕円かごトレイ

    持ち手は籐と竹ひごで止められています。固定はされていますが重さに弱いので、中に物を入れて持ち運びをする際は、底面を支えながら持ち運びをするようにしてください

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 白竹 楕円かごトレイ

    シミのような黒い箇所が見られる場合がありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 白竹 楕円かごトレイ

    縁部分に竹の節が重なっている箇所が見られる場合があります

  • 白竹 楕円かごトレイ

    節がありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • 白竹 楕円かごトレイ

    籐の外皮が剥がれ、白くなっている箇所がありますが、製品仕様になります

  • 白竹 楕円かごトレイ

    ささくれや割れが見られることがありますが、自然素材ゆえの特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • その他のご注意
    >> 持ち運びをする際は、底面を支えながら持ち運びをするようにしてください。
    >> 自然素材を用いて手作業でつくられているため、かたちのゆがみや、色やサイズには個体差が見られる場合があります。
    >> 竹を曲げている部分や底面を中心に、わずかなたわみが見られることがあります。製品仕様になりますので、ご了承ください。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。予めご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> 竹の繊維は水分を吸収しやすく、ぬれた状態が続くとカビの発生などの原因になります。長時間水に触れる使い方は控えてください。
    >> 洗う際はたわしやスポンジをご使用ください。食器用洗剤をお使いいただいても構いません。その際にはしっかり水ですすいでください。
    >> 洗ったあとは水をしっかりと拭き取り、日陰の風通しのいいところで乾燥させ、通気性のいい場所で保管してください。
    >> 直射日光のあたる場所や乾燥の著しい場所でのご使用はお避けください。反りや割れにつながることがあります。
    >> 黒ずみやカビが発生した場合は、紙やすりなどで削り、消毒用アルコールで拭くことで改善されます。完全に取り除くことは困難です。
    >> 竹は糖分を含んでいるため、虫が発生することがあります。素材の内部に潜んでいる虫は事前の発見が困難で、虫の発生によって小さな穴から白い粉が出る場合もあります。自然素材の風合いを大切にしていることから、殺虫剤などを使用しておりませんので確実に防ぐことが難しい状況です。万一、商品に白い粉や虫が発生した場合は、熱湯(60℃以上)を該当部分にかけて熱処理ししっかりと乾かせば、通常通りお使いいただけます。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける