cotogotoスタッフの愛用品じまん cotogotoスタッフの愛用品じまん

スタッフが日々愛用している道具への愛を、
独断と偏見を交えながらご紹介!


桔梗・菊皿 取り皿 (ジコン/JICON)

2020年8月公開


左:桔梗 取り皿 (ジコン/JICON)
1,800円(税抜)

右:菊皿 取り皿 (ジコン/JICON)
1,800円(税抜)


こんにちは、cotogotoのアキコです。

cotogotoで働いて5年。
扱っている商品のなかでも
私の好きなつくり手の一つが「ジコン/JICON」です。
出会いは、まだお客さんだった頃、
cotogotoの店頭で「桔梗 取り皿」を見て一目惚れ。
当時はまだ器にちょっと興味が出てきた程度で、
かわいいけれど、手ごろな値段のものが欲しい、
そんな願いを叶えてくれました。

その後「菊皿 取り皿」も購入。
我が家の食卓に欠かせない器になっています。

  1. 好きなところ その1
    シンプルだけど、一癖あるところ

    菊皿にフタガミのカトラリーをあわせて

    ▲ジコンと「フタガミ/FUTAGAMI」はどちらも大治将典さんデザイン。ジコンの器はフタガミの「鋳肌のカトラリー」と相性抜群で、つい一緒に使いたくなります。

    ジコンの器は、一般的な青みのある白磁とは違う、
    生成りに近いやさしい白。
    あえて陶石や釉薬に含まれる鉄分が
    器の表面に現れるような製法でつくられているので、
    ところどころに茶色い点が現れます。
    そんな他とはちょっと違う雰囲気があるところがいいなって。

    かたちもシンプルなんだけど、ほんのちょっと癖があって、
    引っかかる感じがするんです。
    でも食卓に並べるとやっぱりシンプルで、使いやすい。
    購入してから時間が経ち、器の好みが変わってきて、
    最近は味のある土っぽい器の方が増えてきました。
    そういう土物にも、ジコンなら馴染みやすくて、
    一緒に並べても違和感がありません。

  2. 好きなところ その2
    副菜にもおやつにも使いやすいサイズ・かたち

    収納の様子

    ▲収納の場所をとらない取り皿。似た雰囲気のものを重ねて収納し、食器棚に収まった姿も楽しんでいます。

    取り皿って、値段が手頃なのもあって、つい増えがち。
    使いやすいし、収納もしやすいし、つい。
    でもその中でも、ジコンの「桔梗」と「菊皿」の「取り皿」は
    何かと手に取る器です。

    どちらも花のかたちがモチーフだけど、
    かわいいだけじゃなく、きれいでかっこいい。
    我が家は夫婦2人暮らしですが、
    「桔梗」も「菊皿」も1枚ずつしか持っていません。
    かたちは違っても、並んだときにしっくりくるから、
    一緒に使うことが多いです。

    副菜を盛ったところ

    ▲やさしい生成り色が、素材の色を引き立ててくれます。

    名前の通り取り皿として使うのはもちろん、
    小皿として副菜を盛っても、おやつを盛っても。
    平らな面が広く、使い勝手のいい大きさです。
    とくに副菜を盛ることが多く、
    ほうれんそうやトマトなどパッとした色の野菜を盛るときれいで。
    野菜の自然な色が映える器です。

  3. 好きなところ その3
    育てる楽しみがある

    アンティークのカトラリーと組み合わせたところ

    ▲アンティークのカトラリーともよく似合います。

    ジコンの器は、白くてマットだから、
    ナイフやフォークを使うと鉛筆の線のような
    グレーの筋「メタルマーク」がつくことも。
    でもジコンってアンティークのカトラリーとの相性もよくて、
    そういう使いこんだ雰囲気を楽しめる感じがある気がして。

    まっさらなきれいな状態もいいけれど、
    使っていくにつれて自然と現れる変化を受け止めて、
    器を育てているんだって考える。
    そう捉えて、あえてそのままの姿を楽しんでいます。
    ジコンのつくり手である今村さんが
    自然体の美しさを大事にしているそうで、
    ジコン自体にありのままを受け止める寛容さみたいなものが
    あるのかもしれません。
    (今村さんの想いについて詳しくは工房訪問をご覧ください)

    少しずつ育ってきた、私のジコンの器。
    「菊皿」は一回り大きい「中皿」も欲しくて。
    同じく花をモチーフにした「八角輪花皿」や、
    花彫皿」、「花彫浅鉢」も狙っています。

    菊皿 色釉

    ▲「菊皿」は色釉3色が加わり4色展開に。左上から時計周りに「中皿 菜花黄」、「取り皿 錆茶」、「中皿 浅葱鼠」、「取り皿 白」。

    白が特徴的なジコンですが、
    最近「菊皿」、「八角皿」、「花彫皿」、「花彫浅鉢」などには、
    3種類の色釉が登場。
    どれもジコンの白い釉薬をベースにつくられていて、
    独特のムラがあり、白との相性も抜群。
    最初に買うなら「錆茶」かな、
    でもやっぱり「浅葱鼠(あさぎねず)」もいいな、
    と迷う要素がさらに増えたのが悩ましいところです。


左:桔梗 取り皿 (ジコン/JICON)
1,800円(税抜)

右:菊皿 取り皿 (ジコン/JICON)
1,800円(税抜)


ご利用ガイド