システムメンテナンスと配送休業のお知らせ

コーヒーカップ (東屋)


  • コーヒーカップ (東屋)

    大正から昭和初期の日本の古物をもとにデザインをおこした磁器製のカップ。藍色と朱色の組み合わせや細身な仕上げの持ち手が目を引きます。写真は「小」

  • コーヒーカップ (東屋)

    「大」はスープを注ぐのにもちょうどいいサイズ。日本の古物のデザインをもとにつくられていますが、洋の食卓にも似合います

  • コーヒーカップ (東屋)

    収納している姿も愛らしく、眺めていたくなります。写真は「大」

  • コーヒーカップ (東屋)

    デザインは、京都の骨董屋「大吉」のご主人・杉本理(おさむ)さんが担当。東欧雑貨に感じる懐かしさもありますが、大正から昭和初期の愛知県瀬戸市でつくられたと思われる古物をもとにデザインをおこしたのだそう

  • コーヒーカップ (東屋)

    ぐるりと囲む藍色の線は手描き。朱色の菱形が五つ連なった模様は、スタンプで押されたものです。どちらも手仕事のあたたかさが感じられます

  • コーヒーカップ (東屋)

    細身な仕上げの持ち手は小さめの長丸の下に、中指を添えやすいように小さく橋渡しがされていて収まりがいいのです

  • コーヒーカップ (東屋)

    左から「大」、「小」。どちらも小ぶりなサイズ

藍色と朱色の組み合わせた模様が愛らしいコーヒーカップ。
磁器でありながら、キリッというよりもほっこりあたたかい気持ちにさせる、
「東屋」の「コーヒーカップ」です。

デザインを担当されたのは、京都の骨董屋「大吉」のご主人・杉本理(おさむ)さん。
どこか東欧雑貨に感じる懐かしさをまとっていますが、
大正から昭和初期の愛知県瀬戸市でつくられたと思われる
古物をもとにデザインをおこしたのだそう。
その後、佐賀県西有田町に工房を構え、
原型師として多くの窯元からの依頼を受けている金子哲郎さんが原型を手がけ、
同じく波佐見焼の「白岳窯(しらたけがま)」で焼き上げました。

ところどころに感じられるざらりとした土の質感。
ポツポツと浮かぶ黒点や、ぐるりと囲む藍色の濃淡や重なりに見える手描きの跡。
朱色の菱形が五つ連なった模様はスタンプで押されたもので、
模様の濃淡、マチマチな間隔など、手のあたたかさがしっかり残っています。
ちょこっとついたハンドルは、細身な仕上げです。
持ち手の長丸の上は、フラットになっていて親指を添えやすく、持つ手も安定します。
また下には、中指を添えやすいように橋渡しがされていて収まりがいいだけでなく、瀟洒な印象に。

サイズは「小」、「大」の2種類。
「小」にはエスプレッソやヴィシソワーズにポタージュ、
「大」なら紅茶やオニオンスープも似合いそうです。

縁側で読書に耽るひとときに、忙しかった1日の締めくくりに。
そのもののよさやかつてのつくり手の意図、情熱を感じてもらえるよう、
古物をもとに、現代のつくり手が生みだす日常の道具。
確かに、コーヒーをきちんとドリップしたくなったり、
合わせる食事や器も、「何が似合うかな?」と考えたくなるから不思議です。
コーヒーカップ一つで、暮らしが変わることも、
ある、と思うのです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • コーヒーカップ (東屋)

    真上から見たところ。左から「小」、「大」。「大」は「小」より一回り程度の大きくなっています

  • コーヒーカップ (東屋)

    高台と高台の底面は無釉になっています。左から「小」、「大」

  • コーヒーカップ (東屋)

    横から見たところ。左から「小」、「大」。サイズに合わせて持ち手の大きさにも違いがありますが、どちらも人差し指が1本が入る大きさです

  • コーヒーカップ (東屋)

    底面にはロゴマークが。左から「白岳窯」、原型を手がけた金子哲郎さん、デザインを担当した「大吉」、「東屋」のロゴマーク

  • 材質
  • 磁器
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 小:約W85×D65×H65mm
    大:約W95×D75×H70mm
  • 容量
  • 小:約160~166ml(満水)/約128~133ml(8分目)
    大:約230~235ml(満水)/約184~188ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 重量
  • 小:約135~145g
    大:約145~160g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:○ オーブン:× 食器洗浄機:×
東屋について

東屋ロゴ

日本の素材を扱う、熟練の日本の職人とともに、「使い手」の立場に立った暮らしの道具をつくり出し、発信し続けている東屋。一切の妥協を許さない、東屋ブランドの道具たちは「大事に使えば、千年だってもつ道具」なのです。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • コーヒーカップ (東屋)

    一つ一つ手作業で絵つけしているため、柄の欠けや濃淡、ズレ、にじみなどが見られることがあります

  • コーヒーカップ (東屋)

    一つ一つ手作業で絵つけしているため、線の濃淡、ズレ、にじみなどが見られることがあります

  • コーヒーカップ (東屋)

    釉薬の溜まりが見られる場合があります

  • コーヒーカップ (東屋)

    大きさや濃淡の異なる黒点が多数見られます。器の個性としてお楽しみください

  • コーヒーカップ (東屋)

    大きさや濃淡の異なる黒点が多数見られます。器の個性としてお楽しみください

  • その他のご注意
    >> 底部分がわずかにがたつく場合もあります。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。あらかじめご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【ご使用上のご注意】
    >> 赤絵部分は色がくすんだり削れたりする場合があるため、やわらかいスポンジで洗うことを推奨しています。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける