システムメンテナンスと配送休業のお知らせ

青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)


  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    木の灰を使った土灰釉に縁には青のアクセント、フランスのアンティークのような趣のある「青ライン」シリーズ。「6寸プレート」は、ケーキ皿や取り皿として、ジャンル問わず使いやすい万能プレートです

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「7寸リム皿」は1人分のメインのおかずや朝食のトーストをのせる器としてちょうどいいサイズです

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「鉢 6寸」は3〜4人分のサラダを盛る鉢や1人分の麺鉢として使いやすいです

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「鉢 4寸」はスープ鉢やヨーグルトを入れる器として、日常のあらゆる場面で活躍してくれます

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「青ライン」シリーズの器は、木の灰を使った土灰釉と縁には青の釉薬がかけられているデザインです

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「6寸プレート」はしっかりと深さがあるので、汁気のある料理にも安心して使えます

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「鉢」は底面が広く、低めの高台からななめ上に広がるかたち。少し重さもあるので安定感があります。左が「4寸」、右が「6寸」

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    磁器製の「青ライン」シリーズは、同じ郡司製陶所の陶器の器よりも薄いつくりで、重量も軽いのが特徴です。左が「青ライン 鉢 4寸」、右が「鉢 白 4寸

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「青ライン」シリーズは、鉢2サイズとプレート2サイズの全4種類。 一緒に使えば、食卓に統一感が生まれます

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    プレートは2サイズ。左から「6寸プレート」、少し広めのリムがある「7寸リム皿」

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    鉢は2サイズ。左から「4寸」、「6寸」

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    郡司製陶所は栃木県益子町の山のふもとに工房を構えています。植物や動物に囲まれて生み出される郡司さんたちの器からは、のびのびとしたやわらかな空気を感じます

木の灰を使った土灰釉と繊細な縁に引かれた
ブルーラインが目を惹く「郡司(ぐんじ)製陶所」の「青ライン」シリーズ。

長い間暮らしの道具として使われてきたアンティークのように静かに存在感を放ち、
土もの特有のどっしりとした感じとはちょっと違う、
磁器ならではの肩の力が抜けた、軽やかな印象の器です。

焼きものの土地として知られる栃木県益子町の里山の麓に自宅兼工房を構える郡司製陶所は、
郡司庸久(つねひさ)さん、慶子(けいこ)さん夫婦が営んでいます。
自由な空気をまとった作品が特徴で、
この「青ライン」シリーズも何風といい切れない魅力のある器です。

ひっくり返すと高台の縁裏に見えるオレンジがかった焼成の跡、
少しゆがみのあるかたちやところどころにあらわれた黒点、釉薬のムラなどに、
手仕事のあたたかみを感じます。

シリーズは、かたちやサイズ違いの4種類。

「7寸リム皿」は広めのリムが特別感を出すので、
テイクアウトしてきたお惣菜や、
缶詰のオイルサーディンを盛りつけるだけでおもてなしの一品に。
いつもの朝食もこのお皿だったら、レストランのモーニング気分です。

「6寸プレート」は取り皿にうってつけの汎用性の高い器。
深さがあるので汁気のあるロールキャベツやラタトゥイユなども盛りつけられます。

「鉢」は「4寸」、「6寸」の2サイズ。
「4寸」は1人分のスープやサラダ、朝食ならヨーグルトやフルーツを。
「6寸」には野菜の煮物や山盛りポテトサラダにグリーンサラダをたっぷりと。

他の色とぶつかることなく引き立てる色合いは器にもってこいの色。
ちょっと地味な色合いの料理も、色味を楽しみたい食材も、
美味しくおしゃれに見せてくれる器です。

まだ料理の腕に自信がない人も、この器がこっそり助けてくれるから、
新生活の贈りものにもおすすめです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「7寸リム皿」の高台の底には釉薬がかかっておらず、土の質感がよくわかります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「6寸プレート」の底面には釉薬がかかっておらず、土の質感がよくわかります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「6寸プレート」の底面は高台がなく、フラットな形状です

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    「鉢」の高台の底には釉薬がかかっておらず、土の質感がよくわかります。写真は「6寸」

  • 材質
  • 磁器
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 7寸リム皿:約φ215×H25mm
    6寸プレート:約φ180×H30mm
    鉢 4寸:約φ120×H55mm
    鉢 6寸:約φ175×H60mm
  • 重量
  • 7寸リム皿:約400g
    6寸プレート:約245g
    鉢 4寸:約185g
    鉢 6寸:約315g
  • 容量
  • 鉢 4寸:約355ml(満水)/約284ml(8分目)
    鉢 6寸:約770ml(満水)/約616ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
郡司製陶所について

2015年から郡司庸久(つねひさ)さん、慶子さん夫婦が営む製陶所。
古くから焼きものの町として知られる栃木県益子町にあります。
山のふもとに構えた自宅兼工房で、庸久さんはろくろなどの成形、慶子さんは絵つけや彫り絵などの装飾を担当。
とはいえ、完全なる分業ではなく2人の仕事の境界線は重なり合ったり、入り組んだり。
作品をつくる際には、2人で話し合うこともあれば、関わるスタッフや作品を扱うお店の人に相談したりと、
自然体で流動的な作品づくりをしています。
実際に使ってみて、いいと思ったものだけを採用しているからか、郡司製陶所の器は、
すこぶる使い勝手のいいものばかり。
異なる土を使いながらも、思い描く色味を出すため、
釉薬の調合や窯温度の調整を行い、かたちと色の調和のとれた器にこだわっています。
そうして生まれたやわらかな雰囲気をまとった器は、和洋の別なく、どんな料理もおおらかに受けとめ、
使いはじめのその日から、ずっと昔から使っていたように食卓の風景に馴染みます。
時代や暮らしが変わってもこの器のよさは変わらないのだろうと思わせる、
芯の通ったものづくりをしています。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    黒点がある場合があります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    釉薬のムラやにじみが見られる場合があります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    表面に小さな凹凸が見られる場合があります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    釉薬の溜まりによる、凹凸が見られる場合があります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    底面に小さなヒビが見られる場合がありますが、使用上、問題はありません

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    高台裏に焼成跡が見られる場合があります

  • 青ライン 7寸リム皿、6寸プレート、鉢 (郡司製陶所)

    底面に焼成跡が見られる場合があります

  • その他のご注意
    >> 一つ一つ手づくりのため、色合いや釉薬の溜まり方、濃淡、大きさなどには個体差があります。手仕事ゆえの味わいとしてお楽しみください
    >> 釉薬には、にじみ、ムラ、濃淡、凹凸、黒点、貫入(釉薬に入るヒビ)や傷のようなものなどが見られます。また釉薬の飛びや気泡による穴も見られることがあります。
    >> 土や石の凹凸や、石が取れたことでできる小さな穴、引っかき傷のような跡が見られることがあります。また他にも製作中についた凹凸が見られることがあります。
    >> 釉薬にツヤがあるので、使用していくうちに細かな傷が目立つ場合があります。
    >> 底面にがたつきがある場合があります。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されていません。予めご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける