雨水


特集 雨水イメージ

春の訪れを祝って

二十四節気のひとつ「雨水(うすい)」。
空から降る雪は雨へと変わり、積もった雪や氷は溶け、
山では溶けた雪がせせらぎへと変わる、そんな頃。
ようやく凍えるような寒さが、一瞬、緩むような日が訪れます。
気温や、花のつぼみ、空気の匂い、春の鳥たちの声。
待ちに待った春の欠片を、街の片隅でも見つけることができるはずです。

ただし、この時期は一日ごとの気温差が激しい時期でもあります。
春が来た!と思ったあくる日、突然また真冬に戻ったかのような寒い日が続くことも。

「三寒四温」という言葉は、まさにこの時期のもの。
寒い日が3日続き、その後、暖かい日が4日続く。
そんな気候を交互に繰り返しながら、本格的な春の到来を心待ちにするのです。

また、毎年「春一番」が観測されるのは、ちょうどこの頃。
春一番とは、立春から春分の間にはじめて吹く、暖かな強い南風のこと。
春一番が吹くと、いよいよ来る新しい季節の予感に胸は高鳴ります。

そして、雨水が間もなく終わりをむかえる3月3日。
この日はひな人形を飾って女児の成長を祝う、ひな祭です。
また、桃の花が咲く時期であることから、桃の節句とも呼ばれる日。

女のお子さまがいらっしゃるかたも、そうでないかたも、
ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、甘酒、ひなあられなど、
食卓を鮮やかに彩るごちそうを用意して、
皆で春の訪れをお祝いしてみてはいかがでしょうか。




2月(立春、雨水の頃)が旬の食べもの

野菜・果物 たらの芽、ふきのとう、せり、かんぞう、セロリ、菜の花、わらび、ブロッコリー、カリフラワー、いよかん など
魚介 さわら、さより、いいだこ、あいなめ、白魚、わかさぎ、あさり、甘エビ、ずわいがに、はまぐり、しらうお、鯛、わかさぎ、あおやぎ、あんこう など
雨水の頃におすすめの商品
ブルーム プレート (白山陶器)
ブルーム プレート (白山陶器)
かたちやサイズ、厚みは、使い勝手を重視した「普通」のもの。 けれど、「リース」と「ブーケ」、その2種類の柄は、食卓で楽しさと華やかさを奏でます。 さらには片付けさえも楽しくなるような、爽やかで清々しいプレートです。

写真は、M(左:ブーケ/右:リース)

>> 商品についてもっと詳しく


木箸 (東屋)
木箸 (東屋)
日本の伝統工芸である、輪島塗の「木地」をつくる木地屋さんと東屋が作ったお箸。 無塗装で仕上げられている分、贅沢な木材を使っています。 食材にこだわるのなら、ぜひ、お箸もこだわってお選びください。3種の木材をご用意しました。

写真は、欅(けやき)

>> 商品についてもっと詳しく


印判箸置 (東屋)
印判箸置 (東屋)
小指ほどの小さく細い、この半月型の箸置きは、食卓でも食器棚でも場所を取らない優れもの。 日本の文様をモチーフにしながら、活版印刷の版を組み合わせて図案をつくり、 明治時代から続く印判の製法で絵付けをしたという、ユニークかつ、手の込んだ10種です。

写真は、旭日(あさひ)

>> 商品についてもっと詳しく



ご利用ガイド