小満


特集 小満イメージ

生命が美しく満ちる季節に

二十四節気のひとつ「小満(しょうまん)」。
秋に蒔いた麦は色づきはじめ、春に咲いていた花は散り、実をつけ、
若葉だった柔らかな葉は力強く天に向かって伸びる、そんな時期。

万物が勢いよく成長して、天地に生気が満ちるということから
「小満」と呼ばれる、気持ちのいい季節です。

小満を過ぎれば、次に訪れるのは、しっとりとした梅雨、
そして、暑い夏。

それまでのつかの間、一年でもっとも気持ちのいい今、
いつもより少し長く歩いたり、空を見上げてみたり、
道ばたの草木に目を向けてみてはいかがでしょう。
普段、つい忘れてしまいがちな自然の息吹に耳を傾けてみてはいかがでしょう。

ただただ太陽に向かって伸びる、生き生きとした生命の美しさに、
元気をもらうことができるはずです。




5月(立夏・小満の頃)が旬の食べもの

野菜・果物 たけのこ、さやえんどう、さやいんげん、新ごぼう、ほうれんそう、空豆、にら、らっきょう、ふき、玉ねぎ、びわ、メロン、なつみかん など
魚介 かつお、いさき、かれい、きびなご、あなご、かじき、くろたい、あおりいか など
小満の頃におすすめの商品
M型カップ&ソーサー (白山陶器)
M型カップ&ソーサー (白山陶器)
白山陶器の顧問デザイナー、森 正洋氏によってデザインされたM型シリーズ。真っ白な磁器に、白マットと艶やかなブルーの釉薬を施した2種類があります。ちょっと小ぶりなカップ&ソーサーは、お茶の時間を上品に演出してくれます。

写真は、白マット

>> 商品についてもっと詳しく

M型シリーズ (白山陶器)
M型シリーズ (白山陶器)
森正洋氏デザインのM型シリーズのティーセット。どんな食卓にも馴染む上品な白マットと、目の覚めるようなフレッシュなブルーの2色があります。カップ&ソーサーとのセット使いがおすすめです。

写真は、左から、M型クリーマー、M型ポット、M型シュガーポット

>> 商品についてもっと詳しく

純銅洋食器 銀仕上 カトラリー (工房アイザワ)
純銅洋食器 銀仕上 カトラリー (工房アイザワ)
大正11年創業の老舗道具店、工房アイザワの銅のカトラリー。どんな食事にも使いやすいスプーン、フォーク、ナイフから、コーヒーや紅茶、バターやジャムなど、細かく用途別につくられたものまで、ひとりひとりの暮らしに寄り添う、美しく使いやすいカトラリーが揃っています。

写真は、デミタススプーン

>> 商品についてもっと詳しく


ご利用ガイド