管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ 2015 冬至

管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ


二十四節気 冬至 イメージ

2015年12月公開

今年最後の二十四節気は「冬至」。一年で一番夜が長い日。
冬至の日には栄養価の高いかぼちゃを食べ、ゆず湯に入るという習わしがあります。
クリスマスに忘年会、華やかで楽しい時期です。しっかり栄養をつけて元気に年を越しましょう。


>> 二十四節気「冬至」について詳しくはこちら

冬至の献立

かぼちゃの
焼きニョッキサラダ

調理時間:35分
292kcal(1人分)

パーティやおめでたい席を華やかに彩るサラダです。
ほのかに甘い、もちもちとしたニョッキは、
子どもから大人まで、みんなが喜ぶメニューです。
大皿に盛ってお楽しみください。

かぼちゃの焼きニョッキサラダ
材料(4人分)

かぼちゃ…約1/4個
(種、ワタ、皮を除き正味300g)
薄力粉…100g
塩…小さじ2/3

バター…大さじ2

生ハム…6枚

・ルッコラ、わさび菜、クレソン、イタリアンパセリなどの緑の葉もの野菜
・紫キャベツ、トレビスなどの紫の葉もの野菜
…合わせて400g

削いだかぼちゃの皮(生のまま千切り)…適宜

バルサミコビネガー…大さじ3
パルメザンチーズ…20g
塩、黒胡椒…各適宜


つくりかた
  • 1.

    レシピ つくりかた

    かぼちゃは種とワタを除いて一口大に切り、皮を削ぎます(ここで正味300gになるように)。ラップで包み、電子レンジで4〜5分加熱します。ボウルに入れ、熱いうちに木べらなどでつぶします。

  • 2.

    レシピ つくりかた

    1の粗熱が取れたら薄力粉、塩を加え、手でこねてひとまとめにします。耳たぶくらいの固さになるようにしてください。

    【ポイント】
    もし水っぽい場合は小麦粉の量を増やして調整してください。逆に固い場合には水を加えて調整してください。

  • 3.

    レシピ つくりかた

    まな板に打ち粉(分量外)を振り、生地の約1/3をのせます。直径2cm程度の棒状に伸ばし、フォークの横幅と同じくらいの長さに切り、切り口の断面にもまんべんなく打ち粉を振ります。

  • 4.

    レシピ つくりかた

    フォークに3のひとつをのせて親指で押しつけます。

  • 5.

    レシピ つくりかた

    端からそっと剥がすようにして丸めます。

  • 6.

    レシピ つくりかた

    簡単に縞模様をつけることができました。
    バットなどに打ち粉を振っておき、できたもの同士がくっつかないようにして、すべてのニョッキをかたちづくります。

  • 7.

    レシピ つくりかた

    沸騰した湯に6を入れ、浮き上がってくるまで1分ほど茹でてザルに取ります。

  • 8.

    レシピ つくりかた

    フッ素樹脂加工のフライパンにバターを入れて火にかけ、7を加え両面に焼き色がつくまで焼きます。

  • 9.

    レシピ つくりかた

    器に葉もの野菜と8を盛ります。

  • 10.

    レシピ つくりかた

    包丁でパルメザンチーズを薄く削ぎます。生ハムは食べやすい大きさにちぎります。9の上に散らします。

  • 11.

    レシピ つくりかた

    千切りにしたカボチャの皮、黒胡椒、塩、バルサミコビネガーを回しかけてできあがり。食べる時は全体を混ぜ合わせてどうぞ。

    【ポイント】
    かぼちゃの皮を生のまま千切りにしたものは、ぽりぽりした食感が楽しく、よいアクセントになります(国産のかぼちゃがおすすめです)。

栄養のまめ知識

*かぼちゃのオレンジ、野菜のグリーン、パープルが食卓に映える、パーティー向きの1品です。今回使った野菜の他にも、いつもは手を伸ばさない珍しい野菜などがあれば、この機会に使ってみてください。メニューのスペシャル感がアップします。

*今回使ったかぼちゃは“白皮かぼちゃ”です。「雪化粧かぼちゃ」等の名称で売られており、粉質でホクホク甘いのが特徴です。水分は少なめです。

*かぼちゃはβ-カロテン、ビタミンEなどの脂溶性ビタミンが豊富に含まれます。脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ることで吸収がアップします。

*かぼちゃは水っぽかったり、固かったりなど個体差の激しい野菜です。上手な選び方は「皮の緑が濃いこと」「ずっしり重いこと」「種がぷっくりしていること」「ヘタが乾燥していること」など。選ぶ時の参考にしてください。

美才治 真澄(びさいじ ますみ)
管理栄養士 / フードコーディネーター

香川栄養専門学校(女子栄養大学短期大学部)卒業後、管理栄養士・荒牧麻子氏に師事。のちブラジル・バイーアへ料理留学。帰国後ヴィーガンカフェ “Cafe Eight”のフードディレクターとしてケータリング・商品開発の企画運営に携わる。 現在はフリーランスとして、企業、メディアに向けたメニュー提案及び調理&スタイリング、栄養相談、料理教室、オーダーメイドケータリングなどを中心に活動中。女子栄養大学生涯学習講師。
著書に「満たされスープ」(世界文化社)、「かわいい!カラフルお弁当」(女子栄養大学出版部)。監修を手がけたものに「ギャル曽根流 大食いHAPPYダイエット」「世田谷農家に教えてもらう本当においしい野菜の食べ方」(ともにマガジンハウス)ほか。「ELLE a table」「VOGUE」「anan」「Hanako」「Tarzan」など各誌でも活躍中。ちなみに「トルコトラベルブック」(東京地図出版)は、cotogoto店長・涌井との共著本。

HP:http://bisaijimasumi.com/

美才治真澄 プロフィール


ご利用ガイド