1品で3度美味しい!お弁当おかずリメイクレシピ

ポークバーブ

大人から子どもまで人気のお弁当おかずと言えば、ハンバーグ。
今回の基本のおかずは、豚肉を使ったプリっと弾力のある「ポークバーグ」です。
塩・こしょうでシンプルに味付けをした「ポークバーグ」を、
ごはんがすすむ甘酢ダレの酢豚と、
忙しいときでも食べやすいサンドイッチにリメイクします。

  • 基本のおかず

    1

    プリッとした弾力がクセになる

    ポークバーグ

    ポークバーグ

    材料(1人分/3個)

    豚ひき肉…80g

    木綿豆腐…40g

    (A)
    溶き卵…大さじ1
    片栗粉…大さじ1
    塩、こしょう…各少々
    サラダ油…小さじ1

    つくり方

    1.ボウルに豚ひき肉、木綿豆腐、(A)を加えてよく混ぜます。
    2.3等分にして、厚さ2cm程度の平たい丸形にまとめます。
    2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、2を並べます。焼き色がついたら裏返し、同様に2分ほど焼きます。真ん中を押してみて、プリッと押し返すような弾力があれば焼き上がりです。

    鮭を下味に漬け込むポイント

    ポイント!
    肉に豆腐を混ぜることで、冷めてもふっくら、口当たりのいいハンバーグになります。使う豆腐は、水っぽくならずに扱いやすいので木綿がおすすめ。

  • リメイクおかず

    1

    甘酢ダレでごはんがすすむ

    ポークバーグ酢豚

    ポークバーグ酢豚

    材料(1人分)

    ポークバーグ…3個
    タマネギ…1/4個(50g)
    赤パプリカ…30g 
    中華スープの素…小さじ1/2
    湯…1/3カップ

    (A)
    しょうゆ…小さじ1/2
    ケチャップ…大さじ1
    酢…大さじ1/2
    砂糖…大さじ1/2
    片栗粉…小さじ1/2
    ごま油…小さじ1

    つくり方

    1.タマネギ、赤パプリカは乱切りに、ポークバーグは1個を4等分に切ります。
    2.中華スープの素、湯、(A)を合わせて溶いておきます。
    3.フライパンにごま油を中火で熱し、タマネギ、赤パプリカ、ポークバーグを順に加えて炒めます。全体に油が回ったら、2を加えてとろみがつくまで煮詰めます。

  • リメイクおかず

    1

    肉の旨みがパンとも相性抜群

    ポークバーグサンド

    焼き鮭のシャキシャキサラダ写真

    材料(1人分)

    ポークバーグ…2~3個
    お好みのハード系パン
    (ミニバゲットなど)
    …適量(長さ15cm程度)
    レタス…1~2枚
    スライスチーズ…1枚
    ピクルス…適量
    バター、マスタード、ケチャップ、
    マヨネーズ…各適量

    つくり方

    1.パンを横に2等分します。パンが具の水分を吸ってべちゃっとしないよう、断面にバター、マスタードをたっぷり目に塗ります。
    ※今回は、刻んだパクチーを混ぜたパクチーバターを使用。
    2.パン→レタス→マヨネーズ→バーグ→ケチャップ→ピクルス→チーズ→パンの順にサンドします。なるべく水分のあるものが直接パンに触れないよう、具の順番を考慮します。
    3.ラップで巻いて出来上がり。

    ポイント

    ポイント!
    ラップで巻くときは、ぎゅっときつめにします。食べるまでの間にパンと具が馴染み、かぶりついてもバラバラになりにくくなります。

美味しい食べ合わせ

プラスすると栄養面や味、食感、彩りなど、
ぐんとお弁当のバランスがよくなる副菜をご紹介。

ツナとミニトマトのワカメ蒸し


ツナとミニトマトのワカメ蒸し

「ポークバーグ」で使う豚肉は、疲労回復作用のあるビタミンB群が豊富で、季節の変わり目で疲れ気味の身体にぴったりの食材。トマトや酢と一緒に摂るとさらに効果的です。そこで今回は、プチトマトを、ワカメやスナップエンドウ、ツナと一緒に蒸し煮にし、ポン酢で和えます。口直しにもなるさっぱりとした副菜です。ワカメが旬の春先は、刺身用のものが魚売り場に並ぶので、ぜひそちらでお試しください。手に入らなければ、塩をまぶして保存された「塩蔵(えんぞう)」のものでも美味しくいただけます。

材料(1人分)

ミニトマト…2個
ワカメ(塩蔵)…10g
スナップえんどう…3本
ツナ缶(ノンオイル)…1/2缶
ポン酢…小さじ1

つくり方

1.ワカメはさっと洗って塩気を落とし、5分ほど水につけて戻します。水けをきって3cm幅に切ります。
2.ミニトマトはへたを取り、スナップえんどうは筋を取って半分に切ります。
3.フライパンにワカメ、ツナを汁ごと、スナップえんどうを入れて蓋をし、中火にかけます。1分ほどしたらミニトマトを加えてまた蓋をし、火を止めます。ポン酢を回し入れて味を調えたら出来上がり。


たけのこステーキ


たけのこステーキ

春が旬の食材は、えぐみや苦味の強いものが多いのが特徴。昔から、えぐみや苦味が身体の毒素を出すと言われてきました。たけのこもそのひとつで、冬の間に滞った身体の巡りをよくし、疲労回復やむくみ改善に一役買ってくれます。バターとニンニク、しょうゆでしっかり味付けた、存在感とボリュームのある副菜です。

材料(つくりやすい分量)

ゆでたけのこ…70g
バター…5g
ニンニクすりおろし…少々
しょうゆ…小さじ1/2
鰹節…適量

つくり方

1.たけのこは5mm程度の薄切りにして、一口大に切ります。
2.フライパンにバター、ニンニクを入れて中火にかけ、香りがたったらたけのこを入れて炒めます。しょうゆをまわし入れて火を止めます。お好みで鰹節をまぶします。

使ったお弁当箱

竹の弁当箱 小

「白竹」を使って、きっちりと丁寧に編み上げられた竹編みの弁当箱。淡い色合いが、春の軽やかな雰囲気にぴったりです。ワックスペーパーを中に敷けば、汚れを気にせず、おかずやごはんを詰めることができます。特別感がありつつ、普段使いでも活躍してくれるお弁当箱です。

みないきぬこさん

料理家

女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て、2007年に独立。雑誌やテレビ、広告などで料理家・フードコーディネーターとして活躍する傍ら、ケータリングなどの活動や女子栄養大学で非常勤講師も務める。スパイスやハーブを上手に取り入れた家庭料理やおもてなし料理が人気。素材と素材の美味しい組み合わせを見つけるのが得意で、自由な発想による料理の幅の広さに定評がある。「はじめてのストウブ」(池田書店)や、栄養の知識を活かした「大豆で美味しい毎日レシピ」(枻出版社)など著書多数。

みないきぬこさん
ご利用ガイド