1品で3度美味しい!お弁当おかずリメイクレシピ

ペンネナポリタン

喫茶店の定番、ナポリタン。
ケチャップの甘酸っぱさが後を引く、人気メニューです。
ショートパスタを使えば、冷めても食べやすく、お弁当にもおすすめ。
牛乳を隠し味に使った、まろやかな酸味とコクを感じるナポリタンのつくり方をご紹介します。
さらに、とろりとホワイトソースをかけた「ペンネグラタン」と、
冷蔵庫の残り野菜も美味しく片付く「ペンネ入りミネストローネ」にリメイクします。

  • 基本のおかず

    1

    酸味とコクが後を引く

    ペンネナポリタン

    ペンネナポリタン

    材料
    (1人分)

    ペンネ…60g
    ベーコン…1枚(15g)
    玉ねぎ…1/7個(30g)
    ピーマン…小1個(20g)
    マッシュルーム…2個(20g)

    (A)
    ケチャップ…大さじ2
    牛乳…大さじ1
    砂糖…小さじ1/2
    塩、胡椒…各少々

    オリーブオイル…小さじ1

    つくり方

    1.ペンネは表示にしたがって茹でます。(A)を合わせておきます。
    2.ベーコンは1.5cm幅に切り、玉ねぎ、マッシュルームは薄切り、ピーマンは細切りにします。
    3.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、2を加えていためます。
    4.しんなりしたらペンネを加えて炒め、合わせた(A)を絡めます。
  • リメイクおかず

    1

    クリーミーで甘酸っぱい、絶妙のバランス

    ペンネグラタン

    ペンネグラタン

    材料(1人分)

    「ペンネナポリタン」…1人分
    小麦粉…大さじ1/2
    牛乳…1/3カップ
    塩、胡椒…各少々
    バター…5g
    ピザ用チーズ…20g

    つくり方

    1.鍋に小麦粉、塩、胡椒を入れ、牛乳を少しずつ加えて溶きのばします。中火にかけ、とろみがつくまで混ぜます。バターを加え混ぜ、火を止めます。
    2.耐熱容器にペンネナポリタンを入れ、1をかけてチーズを散らします。
    3.トースターで10分ほど、チーズが溶けて焼き色がつくまで加熱します。途中焦げそうならアルミホイルをかぶせます。


    ポイント

    ポイント!
    最初に小麦粉と牛乳で溶きのばしてから火にかけるため、ダマになりません。忙しい朝のお弁当づくりにうれしい、失敗知らずのホワイトソースです。

  • リメイクおかず

    1

    野菜たっぷりのやさしい味わい

    ペンネ入りミネストローネ

    鶏大根茶碗蒸し

    材料(1人分)

    「ペンネナポリタン」…1/2人分
    野菜なんでも…合わせて150g
    (今回は、キャベツ、ブロッコリー、
    ニンジン、レンコン、エリンギを使用)

    (A)
    コンソメ顆粒…小さじ1/2
    ケチャップ…大さじ1
    塩、胡椒…各少々

    つくり方

    1.野菜は1.5cm角目安にきります。ブロッコリーは小房に分けます。
    2.鍋に水2カップ、(A)を入れて中火にかけ、1を加えます。
    3.ふつふつしてきたら1分ほど煮て、ペンネを加えます。ひと煮立ちしたら、塩、胡椒(分量外)で味を調えます。

美味しい食べ合わせ

プラスすると栄養面や味、食感、彩りなど、
ぐんとお弁当のバランスがよくなる副菜をご紹介。

カリフラワーとひよこ豆のバジル炒め


カリフラワーとひよこ豆のバジル炒め

ニンニクとバジルが香る、イタリアンな炒めもの。カリフラワーはビタミン類が豊富なため、風邪予防や疲労回復にうれしい食材です。また、体内の余分な塩分を排出する働きのあるカリウムも多く含み、塩気のあるものを多く摂りがちな寒い季節におすすめです。

材料(1人分)

カリフラワー…1/6株(60g)
ひよこ豆(ドライパック)…30g
ニンニクみじん切り…少々
オリーブオイル…小さじ1
バジル…1~2枚
塩、粗挽き胡椒…各少々

つくり方

1.カリフラワーは小房に分け、さっと水でぬらしてラップに包み、電子レンジ(600W)で1分加熱します。バジルは小さくちぎります。
2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて中火にかけ、香りが立ったらカリフラワー、ひよこ豆を加えて炒めます。
3.塩、粗挽き胡椒で調味して火を止め、バジルを加えて和えます。


せりとごぼうのサラダ


ニラと長芋のひと口焼き

茹でたささがきごぼうとせりを合わせて、オリーブオイル、ケチャップ、ビネガーと和えた、箸休めにおすすめのさっぱりした副菜です。せりは、ビタミンやミネラル、βカロテンが豊富で、免疫力を高めてくれる食材。食物繊維も豊富なので、便秘予防や血糖値の上昇を緩やかにしてくれるという作用も。エネルギー源となるパスタと一緒にいただけば、バランス満点です。

材料(1人分)

せり…1/2束(50g)
ごぼう…1/2本(40g)

(A)
オリーブオイル…小さじ1
酢、マスタード…各小さじ1/2
砂糖…ひとつまみ
塩、胡椒…各少々

つくり方

1.せりはさっと茹でて水に取り、水気をよく絞ります。2cm幅に切ります。
2.ごぼうはささがきにして、さっと茹でてざるに上げます。
3.ボウルに(A)を合わせ、1と2を加えて和えます。

使ったお弁当箱

角型ランチボックス 小2段
(工房アイザワ)

におい移りや色移りの心配のないステンレス製弁当箱。ナポリタンのように、色がつきやすいトマト系の料理を入れるのに安心です。パスタ弁当には、1段にパスタ、もう1段に副菜を入れられる2段のものだと、味が混ざらずおすすめです。

みないきぬこさん

料理家

女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て、2007年に独立。雑誌やテレビ、広告などで料理家・フードコーディネーターとして活躍する傍ら、ケータリングなどの活動や女子栄養大学で非常勤講師も務める。スパイスやハーブを上手に取り入れた家庭料理やおもてなし料理が人気。素材と素材の美味しい組み合わせを見つけるのが得意で、自由な発想による料理の幅の広さに定評がある。「はじめてのストウブ」(池田書店)や「かんたん、なのに満足!スープでごはん」(池田書店)、栄養の知識を活かした「大豆で美味しい毎日レシピ」(枻出版社)など著書多数。

みないきぬこさん
ご利用ガイド