<< 「家事の基本」一覧へ戻る
下ごしらえ・保存の基本 野菜の切り方 小口切り

野菜の切り方 小口切り

細長い棒状の野菜を、端から直角に薄く切ること。
厚みは料理に合わせて異なりますが、1〜5mm程度が目安です。
ちなみに、小口とは一般に材料の端のことを指し、
端から切ることから小口切りと呼ばれます。

なすやにんじんなど丸い棒状の野菜(または丸い野菜)を
5mm〜3cm程度の厚さの円形に切る場合は、
輪切り」と呼び区別します。


小ねぎでやってみました

  1. 1

    根を切り落とします。

  2. 2

    端(小口)から1mm程度の薄さに細かく切ります。

    point

    なるべく薄く切ることで、切っている最中に小ねぎが転がってしまうことを防げます。料理に合わせて5mm程度まで厚くしても。

  3. 3

    完成です。

きゅうりでやってみました

  1. 1

    両端を切り落とし、端(小口)から1mm程度の薄さに細かく切ります。

    point

    なるべく薄く切ることで、切っている最中にきゅうりが転がってしまうことを防げます。料理に合わせて5mm程度まで厚くしても。

  2. 2

    完成です。

適した主な野菜

細長い棒状の野菜。

  • 小ねぎ

  • 長ねぎ

  • きゅうり

  • ごぼう

監修

女子栄養大学生涯学習講師
弥冨 秀江(いやどみ ひでえ)先生

>> 詳しくはこちら

ご利用ガイド