松徳硝子

大正11年、電球用ガラスの生産工場として創業した松徳硝子(しょうとくがらす)。
その後、電球の生産が手吹きから機械による製造へと移行したあとも、職人による手仕事にこだわり、
電球に必要とされる薄吹きの技術を活かした薄吹きグラスの製造を続けてきました。
その繊細な飲み口が料亭や割烹で長く愛用され続け、品質改良を重ねた結果、
平成元年に「うすはり」グラスが誕生しました。
ビール・お酒・飲み物を「より美味しく飲むことができるグラス」です。

ご利用ガイド