鋳心ノ工房

鋳心ノ工房ロゴ

鉄の鋳物産業において、岩手の南部鉄器と並んで称される山形鋳物。
950年の歴史を持ち、起源は平安時代に遡ると言われるその技術は、
特に土地特有の砂からつくられる、きめ細やかな鋳肌と薄さが特徴です。
鋳心ノ工房は、クラフトデザイナーの芳武茂介(よしたけ もすけ)氏に師事した
鋳金家でありデザイナーの増田尚紀(ひさのり)氏が1997年に設立。
山形鋳物の伝統美を活かしつつ、
日々の暮らしに潤いを与えるユニバーサルなデザインを提案し続けています。

ご利用ガイド