猪俣美術建具店

新潟県上越市で日本建築独自の装飾技術である「組子」を用いた建具を親子二代にわたって製作している猪俣美術建具店。
「組子」細工とは、薄く削った木材を釘や接着剤などは一切使わず様々な模様に組み合わせる伝統的な技法で、
障子や襖などに用いられ、模様の数は200通りを超えます。
規則的な幾何学模様の美しさは、1ミクロン単位のわずかな誤差も許されない仕事を、
目だけではなく手先の感覚に頼りながら仕上げていく、極めて精度の高い職人仕事の賜物です。

ご利用ガイド